MENU

紙の本vs電子書籍:メリット・デメリットを比較してみた

f:id:polsk123:20180201110940p:plain

こんにちは、ポルスクです。

今回は、電子書籍と紙の本の比較をします。

※僕はandroid端末でkindleアプリを使っているので、それに基づいて書いていきます

 

本を買うときに電子書籍で買うか紙の本で買うか迷ったりしませんか?

そこで、紙の本と電子書籍を実際にどちらも使った僕が、メリットとデメリットについて書いていきます。

 

紙の本

f:id:polsk123:20180201185541j:plain

紙の本:メリット

f:id:polsk123:20180201192229p:plain

実物が存在する

紙の本だと実物があるから何となく安心するって人がいるのではないでしょうか?

電子書籍だとデータで保存されるから、スマホやタブレットが壊れた時とかを考えるとなんか不安を感じたりしますよね。

実物があるといきなりなくなったりすることがないので安心ですよね。

 

また、本棚にコレクションしておきたい人もいると思います。

特に、お気に入りの作家さんの本を集めているって人は、コレクションして並べておきたいと思うかもしれません。

僕は、本についてはそこまでこだわりはないのですが、ゲームの場合はパッケージをコレクションしておきたい感覚があります。

ページの端を折れる

僕はこれが一番のメリットかなって思います。

紙の本ならページの端が折れます。

 

僕は、本を読むときに「ここは大事だな」と思ったところは線を引くようにして、線を引いたページの端を折るようにしています。

きっかけはこれらの本です。

www.polsk-blog.com

www.polsk-blog.com

 

本を読んで大事なことが書いてあったページの端を折っておくと、あとで見返すときにメチャクチャ便利です。

線を引いただけだとページを全部見返さないといけないのですが、ページの端が折ってあると、どこを見たらいいか一目でわかります。

 

折ってみるとこんな感じ

f:id:polsk123:20180127185122j:plain

わかりやすE

 

当たり前ですが、電子書籍だとページって折れませんよね。

さすがにタブレット折るのはアホすぎますし意味不明ですw

電子書籍でも線を引いたところを検索してみることができるのですが、その機能だと視覚的に大事な部分が本のどこら辺にあるのかわからないので、不便に感じます。

パラパラめくって読める

紙の本だとパラパラめくってどんなことが書いてあるのかざっと見ることができますよね。

本屋さんで買おうか迷っているときとかに、ちょっと全体を見てから買うって人いませんか?

書いてある内容をサラッと見て、読みたい本かどうか判断するってのをやったことがある人はよくわかると思います。

 

また、読み返すときとかに「このページってここらへんだったかな?」って感じでパッと開いたりできますよね。

僕は、ふと気になった時とかに見返したりすることがあるのですが、何がどこに書いてあるのかなんとなくでも分かっていると、紙の本だとすぐに開けて便利です。

電子書籍だと、目的のページを開くのに結構時間がかかります。

記憶に残りやすい

ノルウェーの大学が研究した結果によると、紙の本を読んだほうがストーリーの流れなどが記憶に残りやすいらしいです。

ということは、小説などのストーリーものを読むときは紙の本がいいのかもしれませんね。

まあ、好きな作品なら何度でも読んじゃうだろうし、そもそも一度で記憶しないといけないわけじゃないから、どうでもいいかなって思います。

ビジネス書とかは、面白かったらブログに書くから忘れたら見返せばいいし。

 

ブログ書くと本の理解が深まって、内容が覚えられるからおすすめだよ。

あと、忘れたら記事見返せばいいからメッチャ楽w

紙の本:デメリット

f:id:polsk123:20180201192316p:plain

かさばる

本ってものによってはメチャクチャ分厚いですよね。

僕の場合は大学の教科書がかさばりまくってます。

 

本めっちゃ読む人は保管が大変じゃないですか?

本棚とかすぐ埋まっちゃいませんか?

 

最近、僕はいろいろ本を読んでいますが、しまえなくなった本がいくつかあります。

これからもいろいろと読んでいくことを考えたら、いらない本を捨てるか本棚(カラーボックス)を増設するしかないです。

しかし、本棚を増設するには部屋が狭いんで、捨てるしかないです(´;ω;`)サヨナラ

 

やっぱり、実物があるからかさばってしまうのが紙の本の大きなデメリットです。

線の引き直しとかができない

上でも言ったように、僕は線を本に引きながら読んでいます。

マーカーで線を引いてます。

そうすると、失敗しても書き直しができません。

線を引いてみて、「やっぱりここいらないや」ってなってもそのままです。

まあ、多少いらない部分に線引いても問題はほとんどないのですが、気持ち的にねえ・・・

 

逆に、引き直しができない分厳選して線を引くようになったから一概にデメリットともいえないのですが・・・

ネットで買うと配達まで時間がかかる

僕は引きこもりです。

だから、本屋とかにめったに行きません。

いつもアマゾンで買ってます。

そうすると、買ってから家に届くまでにちょっと時間がかかります。

まあ、翌日とかには届くんですが・・・

また、本を買ってからすぐに次の本を買うってなると、宅配のオッチャンになんか申し訳ないし、段ボールが増えるので抵抗があります。

 

これはちょっと気になるデメリットです。

電子書籍

f:id:polsk123:20180201185617j:plain

電子書籍:メリット

f:id:polsk123:20180201192335p:plain

かさばらない

当たり前ですが、電子書籍はかさばりません。

僕にとって、これはかなり大きなメリットです。

 

僕みたいに、部屋が狭かったりして本を置く場所に困っている人にとって、電子書籍はかさばらないのでありがたいはずです。

実際に、電子書籍で本を買うと場所について考えなくていいので、遠慮なく買えます。

 

200ページの本とかでも結構分厚いので、紙の本で買ったらどえらいことになります。

また、300ページとか400ページとかある教科書が場所を取りまくってて邪魔くさいですw

持ち運びやすい

電子書籍はスマホやタブレットの中にダウンロードしているので、紙の本よりも持ち運びやすいです。

 

わざわざカバンに本を入れなくても、いつも持ち歩いているスマホとかで気軽に読めます。

移動中の電車の中、誰かと待ち合わせているとき、といった様々な場面で活躍します。

紙の本だと、わざわざカバンから取り出したりしないといけなくてめんどうですよね。

カバンのなかでかさばるし。

しかし、電子書籍ならただスマホを持ち歩くだけでいい。

これはもはや革命です。

線を引いたりメモを気軽に書ける

電子書籍でも線を引いたりする機能があるので、線を引きながら読んでいるのですが、電子書籍だと線の引き直しとかが簡単にできます。

だから、結構気軽に線を引けていいなって思ってます。

 

また、自分の思ったことをメモする機能とかもあって「すげえ」って思いました。

こちらも簡単に書き直しができるので、結構ありがたいです。

僕は字が汚いし、よく書き間違えるので紙の本に書くとグチャグチャになるんだよねw

ネットですぐ買える

「あ、これ欲しい」と思ったらすぐに買えることも電子書籍のメリットです。

 

アマゾンで紙の本を買っても届くのは翌日とかですが、電子書籍なら一瞬です。

ダウンロードの間、待たないといけないくらいです。

 

「すぐほしいなら、本屋行けよ」って声が聞こえてきそうですが、僕は引きこもりなので家から出たくないです。

だって、夏は暑いし、冬は寒いじゃん。

そもそも、大きな本屋さんが徒歩圏内にありません。

わざわざチャリで行くのはめんどくさすぎます。

 

しかし、電子書籍ならネットでワンクリックですぐに買えるのでめっちゃ楽です。

買いすぎ注意って感じですw

文章内検索できる

電子書籍なら、読み返したい部分を検索機能を使って読むことができます。

 

紙の本だと、読み返したい部分がどこにあったのかわからないと探しようがないですが、電子書籍なら探したいワードさえわかっていれば探すことができます。

まあ、短いワードで検索すると似たような部分が大量に出てきてよくわからんことになりますがw

つまらない飲み会で大活躍

電子書籍なら、つまらない飲み会とかで堂々と本を読めます。

こんな使い方してる人は僕だけだろうなって思いますw

っていうかいてほしくないです、悲しいから(´・ω・`)

 

面倒なのに付き合いで嫌々飲み会に参加して、結局は壁と同化してる人っていませんか?

僕ですwww

飲み会で1時間以上一言も発しないときとかありますw 

話したとしても、「ちょっとトイレ行くんで通してください」と「オレンジジュースお願いします」くらいですw

 

(´;ω;`)カエリタイ

 

社会人に限らず、学生でも面倒な飲み会ってありますよね。

バイト、サークル、部活、ゼミ、研究室などで、たいして仲良くもない人と付き合いで飲み会に参加しないといけないことってありませんか?

 

話が合う人が全くいないような飲み会に嫌々行くと、最低でも2、3時間はなんとかして時間をつぶさないといけません。

そこで、本を読みます。

 

しかし、つまらないからといって、いきなり紙の本を取り出して読むわけにはいきません。

そんなのただのヘンタイですw

それに、本が汚れたりするし(´・ω・`)

 

ですが、電子書籍なら全く違和感なく本を読むことができます。

あたかも、普通にネットを閲覧しているかのような雰囲気で本を堂々と読めます。

 

電子書籍だけは、つまらない飲み会の中にいる唯一の友達ですw

 

電子書籍:デメリット

f:id:polsk123:20180201192354p:plain

パラパラめくって読めない

電子書籍はパラパラめくって読めません。

 

紙の本だと、その本が読みたいものなのかパラパラめくることでなんとなくわかるのですが、電子書籍だとそうはいきません。

確かに、電子書籍でも試し読みの機能はあったりしますが、なんかもっと効率的に全体をみれたらいいのにって思います。

 

また、読みたい部分がどこに書いてあったか覚えていても、そこを開くのに結構時間がかかります。

ちょっとめんどくさいかなって思います。

ページの端を折れない

当たり前ですが、電子書籍は折れません。

 

紙の本と違ってページの端を折って、どこが大切な部分か目印をつけておくことがしにくいです。

電子書籍でもマーキングする機能はあるのですが、それを使ってもぱっと見で視覚的にわからないので結構不便です。

 

視覚的なわかりやすさでは紙の本に勝てません。

目が疲れる

電子書籍はスマホのスクリーン上で見るので目が疲れるって人もいると思います。

 

僕は基本的にPC眼鏡使ってみているのでそんなに気にならないのですが、気になる人もいると思います。

kindleの専用端末とかだとメッチャ目に優しいって聞くから、そっちを試してみるといいかもしれません。

 

僕は普通のタブレットで読んでますが。

実物が存在しない

電子書籍だと本の実物がないから不安って人もいるのではないでしょうか。

僕も実際に買うまではちょっと不安でした。

 

実物を触ってないと不安って人は電子書籍に抵抗があるかもしれません。

 

また、本棚に並べてコレクションしたいって人も実物のない電子書籍には抵抗があると思います。

ディスプレイに並ぶ本の表紙の画像だけだと、なんかちょっと物足りないですよね。

紙の本しか売ってない場合がある

これは致命的なデメリットなのですが、紙の本しか売っていない場合があります。

 

僕も買おうとした本が電子書籍で売ってなくて、紙の本で買うしかなかったことがありました。

本を全部電子書籍で統一したい人とかには致命的なデメリットかなって思います。

 

逆に、電子書籍でしか売ってない本もあるのかもしれませんが、僕はまだ見たことないです。

最後に:好みに合わせて選ぼう

f:id:polsk123:20180201110940p:plain

以上が紙の本と電子書籍のメリット・デメリットですがそれぞれの特徴が大きく違うので、自分の好みに合わせて使っていきましょう。

 

ちなみに、僕はどっち使うか迷っています。

結論がグダグダで、すみませんw

 

紙の本のページの端を折って見やすくできるというところもいいし、電子書籍のすぐ買えるところや、かさばらないところも捨てがたいのでどっちつかずの状態です。

小説とかだったらページを折ったりしないし、迷わず電子書籍で買うと思うのですが、ビジネス書みたいなものだと、上のようなポイントが争っていて決着がつきません。

これからは、アマゾンで買い物するときに買いたい本があったらついでに買って、それ以外ときは電子書籍を買うのかなって感じです。

 

以上、紙の本と電子書籍のメリット・デメリットでした。

 

 紙の本と電子書籍のどっちを買えばいいのか考えてみました。

www.polsk-blog.com