MENU

自分が嫌いな人へ:自分を味方にして好きになる方法

f:id:polsk123:20180206233110p:plain

こんにちは、ポルスクです。

今回は、自分自身とうまく付き合っていこうぜってお話です。

 

突然ですが、あなたの最大の敵って誰ですか?

また、最大の味方は誰ですか?

 

僕の場合、最大の敵は自分自身です。

コイツほど手強い敵はいません。

 

そして、最大の味方も自分自身です。

コイツが味方になってくれた時の心強さは尋常ではありません。

 

というわけで、「自分が敵や味方になるってどういうこと」ってことから「自分を味方にするにはどうしたらいいのか」ってことについてお話します。

 

自分が敵の時は何もうまくいかない

f:id:polsk123:20180209191612p:plain

僕の場合、大学受験の時にヤツは敵として現れました。

 

勉強しようと思っても、「そんなことよりゲームしようぜ」って言いながらやってきます。

まるで、某企業のCMのサボ〇ーみたいですw

 

そして、僕は受験生にもかかわらず、驚愕の勉強時間をたたき出しました。

土日に一日中ゲームしているとかザラにありました。

(さすがに、直前になったらしっかり勉強しましたが・・・)

 

しかも、試験の前日とか直前になると、「こんなんでいい点が出せるはずがない。絶対に落ちる」って言ってきます。

コイツの手のひら返しの速さには目を見張るものがありますw

 

そして、僕は第一志望の大学に落ちます。

しかも、第二志望の大学にも危うく落ちるところでした。

マジ自業自得www

 

こんな風に、自分自身が敵になってしまうと物事がうまくいきません。

失敗すると、「俺はやっぱりダメなヤツだ」ってなって、自分のことが嫌いになります。

自分が味方になった時の勢いは異常www

f:id:polsk123:20180209191725p:plain

逆に、自分が味方になった時の勢いは異常です。

「やってやろうぜ!!」って気持ちになります。

 

上と同じく勉強でいうと、大学3年後期の期末試験の勉強しているときはヤバかったです。

 

これを無事に乗り越えたら、4年でゼミ以外の授業を取らなくていい状態になります。

家に引きこもってゲーム三昧ですw

 

そう考えたらやる気が違いました。

大学受験の時のように、「そんなことよりゲームしようぜ」とは決して言ってきませんでした。

 

逆に、勉強する後押しをしてくれます。

 

そして、その時頑張ったおかげで、今はニートみたいな生活してますw

ゲーム、映画、本、ブログ楽しすぎワロタwww

あと、4年前期の就活の時も就活に集中できたよ!!

 

こんな感じで、自分自身が味方になった時は物事がうまくいきます。

物事がうまくいくと、「俺って、やれば意外とできるじゃん?」って感じで自分のことがちょっと好きになれます。

自分を好きになる方法:「なぜ」理解して自分を味方にしよう

「じゃあ、どうやったら自分自身を味方にできるの?」って疑問があると思うのですが、その方法についてお話します。

 

それは、「なんでそれをやるのか理解すること」です。

 

大学受験の時は「いい大学に入れたらいいな」って感じで、なんとなく勉強してました。

ハッキリ言って、理由なんてあってないようなものです。

そして、自分に邪魔されました。

 

一方で、期末試験の勉強の時は「4年の就活が終わった後、引きこもってゲームするため」に勉強を頑張りました。

僕以外の人からしたら理解できないと思いますが、僕はゲームがマジで好きなので、そう考えたらやる気がメッチャ出てきました。

「今はゲームしてる場合じゃねえ!!勉強しなきゃ!!」って感じでした。

 

このように、「なんでそれをやるのか」ってことをはっきりさせておくと自分は味方になってくれます。

自分が心から実現したいと思えるような理由を探しましょう。

僕みたいに「終わったらゲームしまくる」でもいいし、「友達と思いっきり遊ぶ」とかでも大丈夫です。

 

そして、自分を味方にして物事に取り組んで成功すると、自分のことがちょっと好きになれます。

 

もし失敗してしまっても、気持ちのいいやり切った感があります。

自分が敵だった時とは大違いです。

もちろん、多少は悔しい気持ちとかがありますが、「あの時、こうしとけばよかった」みたいな後悔は少ないです。

 

また、こちらで紹介した本にも、「なぜ」を理解するのは重要であると書いてあります。

www.polsk-blog.com

この本は超オススメの一冊です!

最後に:ちょっとずつ自分を好きになっていこう

まずは、自分が取り組みたいことや取り組まなければいけないことについて、「なぜそれをやるのか」ということを理解しましょう。

「なぜ」を理解したら、自分が味方になってくれます。

 

そして、自分が味方になって成功すると、自分のことが好きになれます。

小さな成功でも、自分をほめましょう。

一歩ずつ前進です。

 

 

 僕も、自分を好きになれるようにちょっとずつ頑張ります。