MENU

4月から働くけど、一人暮らし社会人の食費がどうなるか計算してみた

f:id:polsk123:20180330192413p:plain

こんにちは、ポルスクです。

今回は、一人暮らし社会人の食費について計算したので、それについて書いていきます。

 

これから社会人になる人はいろいろ不安があると思いますが、一人暮らしの人の場合、食費も不安のひとつですよね。

特に、社会人になって初めて一人暮らしをするっていう人は、食費が全く予想がつかず不安だと思います。

僕は大学生の時から一人暮らししてますが、ちょっと不安です。

 

ということなので、食費ってどれくらいになるのか計算してみました。

実際にどれくらいかかるか事前にわかっていれば、不安も少し和らぎますよね。

 

また、これを読めば食費って意外とかかるんだなあってことがわかると思います。

あと、自炊の大切さもわかるかもw

 

前提条件

まず、食費の計算をするにあたり、前提となる条件を書きます。

  • 一か月は30日で計算する
  • 毎日3食食べるとする
  • 一か月のうち、平日は22日、休日は8日で計算する(4週間+平日2日)
  • 休日は自炊する(昼食、夜食のみ)
  • 朝食は一食当たり100円とする
  • 飲み会などのイベントの費用は考えない
  • お菓子などの費用も考えない

「休日は自炊する」、「朝食は一食当たり100円とする」っていう条件は僕の場合ですので、自炊をまったくしないし、朝食もガッツリ食べるよって人はもっと食費がかかると思います。

 

この条件をもとに、まず一か月分の朝食の費用が計算できます。

100円×30日=3000円

こんな感じで、一か月の朝食の費用は3000円になりそうです。

 

また、休日の昼食、夕食は自炊して一食当たり400円で済ませるとするとこんな感じになります。

400円×8日(昼食分)+400円×8日(夕食分)=6400円

ということで、休日の昼食と夕食の費用は6400円です。

 

ちなみに、一食あたり400円ってした理由は今までの経験です。

普段の食事を一食当たり350~400円で済ませようとして自炊しているので、とりあえず400円にしました。

 

昼食や夕食の費用については下でパターン分けして計算します。

パターン1:平日は自炊しない

一つ目のパターンは平日は自炊せず、外食またはコンビニ弁当で済ませるというパターンです。

ここでは、平日昼はコンビニ弁当(500円)、平日夜は外食(1000円)として計算します。

そうするとこんな感じになります。

500円×22日+1000円×22日=33000円

費用かかり過ぎてて草www

外食分だけで22000円とかいかんでしょwww

やっぱり外食はお財布に厳しいです。

 

これに朝食と休日の食費を足します。

33000円+3000円+6400円=42400円

よって、一か月にかかる食費は42400円です。

 

ウヒョヒョ

 

すみません、変な声が出ましたw

これはちょっと高すぎですね。

ということでもっと安くできないか考えてみましょう。

パターン2:平日夜は自炊する

次は平日夜と休日は自炊して、平日昼だけはコンビニ弁当(500円)で済ませるっていうパターンです。

満足するくらいの量をコンビニ弁当でとろうと思ったら800円くらいかかるけど、ここは我慢して500円にしておきますw

 

平日の昼食、夕食について計算してみます。

500円×22日+400円×22日=19800円

19800円になりました。

 

これに休日の食費、毎日の朝食費を足します。

19800円+3000円+6400円=29200円

ということで、一か月の食費は29200円になりました。

自炊の効果はかなりデカいですねw

 

しかし、さっきの42400円よりはマシですが、ちょっと高い感じがします・・・

もう少しケチって生活した場合を考えましょうw

パターン3:平日昼は弁当を持参、平日夜は自炊

パターン3は、平日昼は自分で弁当を作って持参し、平日夜は自炊するっていう条件です。

ここでは、弁当にかかる費用を自炊と同じく400円で計算してみます。

弁当作ったことないから、いくらかかるかよくわからんw

 

ということで、平日の昼食と夕食の費用を計算します。

400円×22日+400円×22日=17600円

17600円ですね。

 

続いて、毎朝の朝食費と休日の食費を足します。

17600円+3000+6400円=27000円

計算したら、27000円になりました。

 

結構頑張っても一か月で食費が27000円もかかるんですね。

とりあえず、25000円くらいで抑えられないかなあって思いました。

パターン4:パターン3の自炊を一食あたり350円にしてみた

パターン3の弁当、自炊の費用を350円にして計算してみます。

※休日の自炊の費用も350円で計算します

 

まず、休日の自炊の費用を計算をします。

350円×8日+350円×8日=5600円

 

続いて、平日の弁当、自炊の費用を計算します。

350円×22日+350円×22日=15400円

 

最後に、一か月にかかる食費を計算します。

15400円+3000円+5600円=24000円

一か月にかかる食費は24000円になりました。

やったぜ、やっと25000円以下にできたwww

 

でも、これってかなり難しくねえ!?

とりあえず、スパゲッティとかうどんをちょいちょい使って安く済ませるかwww

最後に:食費抑えるのって結構大変なんだね(´・ω・`)

計算してみて、一か月の食費を25000円以内に抑えるのって大変なんだなあって思いました。

とりあえず、食費削減における自炊の偉大さが何となくわかりましたw

食費を少しでも安くしたかったら、自炊して安く済ませることを学びましょう!!

 

しかも、今回は朝食、昼食、夕食の分しか計算していませんが、お酒を飲む人もいるかと思います。

僕はお酒をまったく飲まないので計算できないのですが、お酒を飲んだ場合、今回計算した金額よりも数千円くらいは上がってしまいそうですね。

これは飲む頻度と量を減らすしかなさそうですね。

お菓子も同様に減らさないといけませんね。

また、社会人になったら飲み会とかの人付き合いもあってもう少しかかるかと思います。

 

ということなので外食などを含めて、30000円~35000円を目安にやりくりしてみたらどうでしょうか。

僕も頑張ります。

社会人になって数か月たったら食費レポート書こうかな。

家計簿つけなきゃ(;^ω^)

 

こちらの記事もオススメです!!

www.polsk-blog.com

www.polsk-blog.com