MENU

18卒就活体験談#1(プレエントリー前):迫る就活!!残された時間はあと少し!!

f:id:polsk123:20180212110038p:plain

こんにちは、ポルスクです。

僕は18卒の文系大学生として就活してたので、その時の経験について書いていきます。

 

これから就活するよって人は参考にしてください。

一番伝えたいことは、各章最後にある「伝えたいこと」ってとこに書いてあるので、忙しい人はそこだけでも見てください。

 

今回は、就活解禁前というか、プレエントリー開始前のお話です。

3月のプレエントリー開始直前までにどんな準備をやったかってことについて書きました。

 

自己分析!!俺はどこへ向かうのか・・・

「就活」って言ったら、まず挙げられるのは「自己分析」!!

僕も自己分析にぶち当たります。

 

「俺は何をしたいのか?」

 

そんなもん大学に入ってから1秒も考えたことねぇwww

 

ってなわけで、ちょっと悩みます。

 

その結果、思いついたのがこれ。

 

自衛官

 

え?なんで自衛官かって?

 

僕はFPSとかTPSっていう、「軍人のオッサンがライフルを持って戦うゲーム」が好きだったので、最初は自衛官になろうとしました。

  

超短絡的な考えwww

子どもかよwwwwwwww

※一応、成人してます

 

しかし、調べていくうちに、「自衛官になったら、ゲームする暇なくね?」ってなります。

で、あきらめるw

 

そして、再び問題にぶち当たります。

 

「俺は何をしたいのか?」

 

「なんかカッコイイことがしてぇ」

 

そう思っていた僕は、IT業界に興味を持ちます。

 

やっぱITってなんかカッコイイじゃんw

最近だと、AIとかIoTって言葉が有名だよね!!

※小学生みたいなこと言ってますが、一応成人してます

 

「文系未経験でも大丈夫!!」

 

その文句に踊らされた僕は、迷うことなくIT業界を志望。

当時の僕は、まだこの地獄を知らない・・・

www.polsk-blog.com

 

伝えたいこと:自分が何が好きか振り返ってみよう

自己分析については僕は偉そうなことを言えませんが、まずは自分が何が好きなのか考えてみるといいのではないでしょうか?

 

とりあえず、業界地図みたいなのをパラパラとめくってどんな業界があるのか見てみましょう。

 

そして、「おっ、なんかこの業界いい感じじゃん!!」って思った業界を重点的に見てみましょう。

そのときに、インターンシップが結構役立ったりします。

 

インターンシップのメリットについてはこちら!!

www.polsk-blog.com

立ちはだかるES!!書くことがねえ!!

就活生のほとんどが頭を悩ます問題。

それがES。

 

僕ももちろん悪戦苦闘して四苦八苦します。

なんといっても、書くことがねぇ!!

 

何だよ「自己PR」って!?

そんなもんねえってんだよ!!

こっちは一日中引きこもってゲームやってんだよォ!!

※自業自得です

 

次だ!!次!!

 

「学生時代に頑張ったこと」だとォ!?

そんなもんn・・・!?

 

部活「なんや、呼んだか?」

 

あったわwww

部活やっといてよかったw

 

サンキュー部活フォーエバー部活

 

といわけで、学生時代に頑張ったことはクリアです。

部活やっといてよかった。

 

しかし、まだ「自己PR」という強敵が残されています。

どうしよう(´・ω・`)

 

とりあえず、部活で何か頑張ったことはないか考えます。

思いついたのはこんな感じ

  • 4年間続けた
  • なんか役職もついたりした
  • たまーに試合に勝ったりもした

この中から、考えやすそうな「4年間続けた」ってことをもとに考えます。

 

考えた結果がこれ

  • 粘り強さ
  • 継続力

どっちも同じだなァ!?

 

かと言って、ほかに書くことも思いつかないのでこれで書いてみます。

意外となんとかなりました。

やっぱ4年間ってのは強えわw

伝えたいこと:「これだけは語れる」ってものをひとつでも持とう

このように、何かひとつでも話すことがあれば大丈夫です!!

それがサークルでも、部活でも、バイトでも大丈夫です。

なんなら、趣味でも大丈夫。

 

自分が好きなこと・得意なことならいくらでも語れるはず!!

「これだけは語れる!!」ってものを用意しときましょう。

 

注意してほしいのは、「これならだれにも負けない」ってことではないってことです。

誰かとの勝ち負けじゃなく、自分がそれについて語れるかどうかで決めましょう。

面接で聞かれたとき、「語れるもの」があればなんとかなります。

 

語れるものがあれば、それがたったひとつでも大丈夫です。

そこから掘り下げていろいろ書いていきましょう。

 

僕は就活を部活の話だけで乗り切りましたw

他に何もやってないしwww

怒涛のインターン!!突撃突撃突撃ィィィ!!

僕はインターンに参加します。

しかも、1月とか2月の期末テスト直前でクソ忙しい時期に週3とかで。

(そのおかげで「1dayインターンのメリット・デメリット」の記事は生まれましたw)

 

 インターンに行ったほうがいいか当時はよくわからなかったのですが、「とりあえず行っとけばええやろ」の精神で突撃を繰り返します。

 

当時はなんとなくIT業界ってカッコイイなあって思っていたので、IT業界のインターンに参加しまくります。

 

もちろんその日は授業を受けることはできません。

しかも、ひとりで受けてる授業とか結構あるんだよなァ!!

 

というわけで、内容を誰かに聞くこともできません。

配布物とかを後で教授にもらいに行きます。

 

で、自力で復習する。

やべえ!!むずすぎるだろ!!

 

インターンと授業の挟み撃ち

引き裂かれる俺

伝えたいこと:インターンに行くべきか授業に行くべきかよく考えよう

期末テスト直前にインターンに行く人で、一緒に授業を受けている友達がいない場合は気をつけましょう。

 

授業に行くべきか、インターンに行くべきかよく考えましょう。

 

インターンに行くかどうかはこちらを参考にしてください

www.polsk-blog.com

選考にも参加!!先手必勝だァ!!

インターンに行きまくっていると、特別選考枠で選考の時期を早めてもらったり、一次面接をパスしていきなり二次面接から受けれたりします。

僕の場合、就活の解禁が3月だったのに、2月に面接受けたりしてました。

 

まあ、これは中小企業の場合です。

もっと大きな企業の面接は3月以降でした。

それでも、3月中旬とかで早いですが。

 

よっしゃ!!ここで一気にほかの就活生どもに差をつけてやるぜェェェ!!

 

というわけで、選考に突撃ィィィ!!

 

そして、見事に玉砕しますw

 

やっぱり最初はダメですね。

伝えたいこと:最初は志望度の低い企業で面接の経験を積もう

いきなり面接に行っても失敗します。

気を付けてください。

 

事前に模擬面接とかやったりして万全の準備をしているならもうちょっと違うかもしれませんが、本番の空気に圧倒される可能性もあります。

早めに面接を受ける場合は、「本命」というよりは「練習」という気持ちで行ったほうがいいです。

 

いきなり志望度の高いところに行ってもうまくいきません。

僕みたいにw

迫りくる合説!!俺はそれに行くべきか!?

就活の解禁が迫ると、ヤツがきます。

 

合同説明会

略して合説

 

こいつがなかなかの曲者です。

なんせ、就活なんて初めてのことで、合説に参加すべきかどうかよくわかりません。

 

まあ、よくわからんならとりあえず行ってみるか。

経験に勝る学習はない!!

 

というわけで、突撃ィィィ!!

 

まあ、疲れただけだったね!!

 

そして、風邪をひきます。

チクショウめ。

 

この経験から、「軽い気持ちで合説に行くべきではない」という教訓を得ますw

伝えたいこと:合説に行く場合は事前の準備が大切

合説になんとなく行っても疲れるだけです。

場合によっては僕みたいに風邪をひきますw

 

事前に準備をしっかりしてから臨みましょう。

 

具体的には、こんなステップを踏んでいきます

  1. 参加企業を片っ端から調べる
  2. 興味のある企業をリストアップする
  3. 質問したいことをリストアップする

 

詳しくは、こちらの記事を参考にしてください

www.polsk-blog.com

 

俺は行かないほうがいいと思うぞ!!

家でパソコン使えば簡単に調べられるし!!

続き

続きはこちらからどうぞ

www.polsk-blog.com

 

 

「新卒採用基準 面接官はここを見ている」という本は超オススメの本です!!

www.polsk-blog.com

その他の就活関連記事はこちらからどうぞ!!

www.polsk-blog.com