MENU

「エンド・オブ・ホワイトハウス」感想とあらすじ:大迫力で見どころ満載だった

【スポンサーリンク】

f:id:polsk123:20180113175504j:plain

こんにちは、ポルスクです。

 

今回は、「エンド・オブ・ホワイトハウス」という映画の感想です。

迫力のあるアクションの連続で、観ていてとても楽しい映画でした。

刺激のある映画をみたいという人はぜひ見てみてください。

 

あらすじ

まずは、あらすじから

”鉄壁の要塞”ホワイトハウスが、たった13分で占拠され、15分後には敵を守る【難攻不落の要塞】となった。前代未聞のテロを遂行したアジア人テロリストの要求は二つ。「日本海域からの米国第七艦隊の撤収」「韓国と北朝鮮の間にある軍事境界線(非武装中立地帯)から米軍28,500名の撤退」。大統領を人質に取られたうえ、特殊部隊の突入も失敗、ペンタゴン最高司令部は絶望的な苦境に立たされる。誰もが諦めかけたその時、一人の男が内部への侵入に成功する。かつて大統領専任のシークレット・サービスとして活躍していたが、大統領夫人の命を守れず、今やデスクワーク専門でくすぶっていたマイク・バニング。彼に託せるのか?逡巡するペンタゴンにバニングは告げる。---「必ず、救出する」“タイムリミット”が刻一刻と迫る中、ただ一人、巨大な要塞の“深部”へと向かう。テロリストに隠された真の目的がある事を知らずに・・・。

引用:アマゾンプライムビデオ

 こんな感じですね。

 

簡単に言うと、「突如現れたテロリストにホワイトハウスが一瞬で乗っ取られるが、それをなんとかするために元シークレット・サービスの主人公マイクが潜入していく」といった感じのストーリーです。

大迫力の敵の出現とホワイトハウスの占領

まず、事件の発端のホワイトハウスが敵に占領されるシーンがすさまじいです!

上のあらすじにあるように、ホワイトハウスが速攻で敵に制圧されます。

 

まず、突如敵のガンシップ(武器を積んだデカい飛行機)がアメリカ上空にあらわれてきます。

そして、撤退するように警告してきたアメリカ空軍の戦闘機をガトリングで蹴散らします。

 

で、その次にガンシップがホワイトハウス周辺の街を一掃していくんですが、そのシーンが圧倒的です!

ガトリングで「ブァーー!!」っと薙ぎ払っていきます。

人は倒れるし、車もぶっ壊れます。

そして街はもうパニックです。

 

そして、そのパニックに乗じてホワイトハウス周辺で一般人のふりをしていた敵の集団が、柵を爆破してホワイトハウスに一気になだれ込んでいきます。

もはや怒涛の勢いです。

 

こいつらもなかなかすごくて、ロケットランチャーやらマシンガンやらで武装していてかなりヤバいです!

柵を爆破したと思ったら、ホワイトハウスを警護している護衛を一気に倒して突入していきます。

そのうえ、ロケットランチャーでいろいろと吹っ飛ばしていきます。(そんなのどこに隠してたんだよ!)

また、いきなりゴミ収集車の中からマシンガンがでてきて「ババババババ!!」と周囲の車ごと警察を蹴散らしていきます。

見ろ!車がゴミのようだ!

 

また、主人公のマイクもこれに続いて潜入していきます。

一人ずつ倒しながら徐々にホワイトハウスに近づいていきます。

 

一方で、ホワイトハウスの内部ではアメリカと韓国の要人達が地下のシェルターに逃げ込んでいるんですが、シークレット・サービスに扮していた敵が一気に制圧します。

こっちは迫力があるというよりは、「すごい手際だなあ」いった感じで一瞬で終わります。

 

あと、シェルター内の敵はほとんど韓国側のシークレット・サービスに化けていたんですが、ひとりだけアメリカ側の人がいます。

仲間の裏切り

その裏切ったアメリカ側の人間は、マイクとともにシークレット・サービスをしていたフォーブスです。

 

そのフォーブスが物語後半に敵のボスの命令でマイクを倒しに行くんですが、マイクと出会ったときのシーンがとても印象的でした。

いきなり敵としてあらわれるのではなく、はじめは味方かのようにふるまってきます。

 

突然のマイクとの再会に、フォーブスは驚きながらもタバコを吸って一服。

そしてマイクに状況を確認し、「さあ行くぞ」となったところで突然戦いは始まるのですが、さすがシークレット・サービス、簡単には倒れてくれません。

ほかの敵とは違って一度倒れても立ち上がって反撃してきます。(とはいっても意外とあっけなかったです)

 

でも、ここの見どころはアクションではありません。

 

決着がつくと、フォーブスは「道を誤った」と言い、それを償うために敵のボスであるカンに「マイクを倒した」と嘘を伝えます。

やはり、祖国を裏切ることに罪悪感や後悔があったのでしょうか。

 

そして、マイクはフォーブスにとどめをさします。

ド迫力のアクション

この映画には、序盤のアクションのような迫力のあるシーンがかなり多いです。

 

敵との銃撃戦や格闘戦がかなり頻繁にあります。

しかも途中でヘリが大量に撃墜されていくシーンもあって圧巻です!

ド派手なシーンが多いので、そういった映画が好きな人にはおすすめの映画です。

 

また、ド派手なシーンもいいのですが、マイクがホワイトハウスに潜入して敵を一人ずつ静かに倒していくところも面白いです。

いきなり後ろから現れて首を絞めて敵を仕留めていきます。

 

特に、大統領の息子をダクトから逃がそうとしているシーンがよかったです。

大統領の息子をダクトに入れたと思ったら、敵が一人やってきて、ダクトの中を覗き込みます。

「アカン!」と思ったらその背後からマイクが現れ、首を絞めて静かに敵を倒します。

すごい緊張感でした。

 

また、敵のボスであるカンとの戦いは必見です!

アメリカの大統領が撃たれて負傷した上、核ミサイル起爆のタイムリミットも迫るなかマイクはカンと戦います。

 

そこはさすがボス、といったタフさでマイクを追い詰めるカン。

僕が一番気に入ったのは、カンの回し蹴りのシーンです。

あれはマジで、すごい!

左右のパンチでマイクのガードを崩すと、きれいな回し蹴りをマイクにお見舞いします。

何度も見返したくなるシーンです。

 

ですが、マイクも負けてはいられません。

掴みかかってきたカンの腕を叩き落し、そのまま頭が下がったカンの首に足を引っかけながら倒れこみ、そのまま関節技を極めます。

「ゴキッ」

あっ(察し)

 

そしてそのままとどめをさして、マイクは核の起爆コードの解除に向かいます。

最後に:アクションシーンが超面白い

このようになかなか見ごたえのあるシーンが多いので、ド迫力のアクションシーンを楽しみたい方にはおすすめできる映画です。

僕はとても楽しんで観ることができました!

続編の「エンド・オブ・キングダム」の感想も書きました!!

www.polsk-blog.com