MENU

「アクションリーディング」感想:超絶的な読書法5選!!

【スポンサーリンク】

こんにちは、ポルスクです。

今回は赤羽雄二さんの「アクションリーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」を紹介していきます。

このブログでは、赤羽さんの「ゼロ秒思考」についても書いています。

www.polsk-blog.com

 

効果的な読書について知ることのできる、とても良い本でした。

 

どんな人におすすめ?

  • 本を読むけど記憶に残らない人
  • 読んで学んだことを実践できない人
  • 読んだ本を最大限生かしたい人
  • よく本を読む人

この本は、本で読んだ内容を実行できるようにするための本です。

 

「読書の時間の生み出し方」から始まり、「短時間で集中して本を読む方法」「本をどうやって生かすか」、さらには「読みたい本の探し方」まで書いてあります。

あと、もちろん「読書のメリット」も書いてあります。

 

この記事では、「短時間で集中して本を読む方法」や「本をどうやって生かすか」といったことについて書いていきます。

この2つの中から、読書の方法について5つほど選んでみました。

アクションリーディング=「行動するための読書」

大事なのは、「読んだこと」を、仕事や生活など、自分に活かすことだと思っています。手にした一冊を自分を変えるきっかけにできれば、100冊読んで何も変わらない人より、早くよりよい結果を出せるのは、言うまでもないでしょう。これは、本ばかり読んでいた若いころの自分にも伝えたいことです。

本書では、そのための仕組みを皆さんに提供しようと思っています。

引用:「アクションリーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」

「読んだことを仕事や生活に活かすための読書」がアクションリーディングということですね。

 

本を読んで「あー、今日もいい本読んだなあ」と思ってそのまま内容を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。

僕はそうなることが多かったです。

 

ですが、そんな人も本書を読むことで「読んだだけ」から「読んだ内容を実際に活かせる」というレベルに変わることができます。

もはや別人になれます。

アクションリーディングのコツ5選

本書を読んで、印象に残ったものを5つ紹介します。

印をつけながら読む

私は買った本を読むときは、大事なところに必ず線を引いていきます。

大事なところとは、

①「なるほど!」と思ったところ

②「うまい表現だ」と思ったところ

③あまり他では見ない、洞察力や知恵のある内容のところ

(中略)

また、線を引いたページの右上の耳を必ず折ります。

引用:「アクションリーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」

本読むときは、大事なところに線を引きながら読んでみましょう。 

そして、線を引いたページの端を折ります。

 

また、本書によると線を引くのは黄色のラインマーカーがオススメだそうです。

 

黄色の理由は、比較的目に優しいのとコピーをとっても黒くならないからで、ラインマーカーの理由は、ペンだと線がぶれたりすると汚くなるからだそうです。

 

色については比較したわけではないので何とも言えないのですが、マーカーで引くというところはすごく納得できます。

 

ペンなどの細い線の場合、ぶれると確かに汚くなります。

 

引いた線がブレてこんな感じになった人はいませんか?↓

*ここに文字が書いてあるよ*

完全に文字にかぶってますw

これじゃあ読む気が失せますよね。

学生時代に、教科書に線を引いて失敗したことがある人ならわかると思います。

 

また、ページの端を折る目的は、あとで線を引いたところをすぐに見つけられるようにするためだそうです。

 

実際にやってみたのですが、ものすごく見つけやすいです。

f:id:polsk123:20180127185122j:plain

「ゼロ秒思考」で実際にやってみました。

「ゼロ秒思考」感想:A4メモ書きで天才になろうぜ!! - ブログによる前進

 

「アクションリーディング」は電子書籍で買ったので、できなかったです(´・ω・`)

できるだけネットや電話を切り、集中して読む

本を読む際に大切なことは、集中して読むことです。「ながら読み」は、内容の理解度の点からも読むスピードの点からも、決して生産性の高いやり方ではないので、できるだけやらないほうがよいです。

決して趣味や習慣の問題ではなく、私たちの頭は情報の並行処理をうまくさばくようにはできていない、というだけのことです。

したがって、本を読む際は、ネットや電話を切るほうがいいと思います。

引用:「アクションリーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」

読書を最大限活用するためには、ほかのことを断ち切り、集中して本を読みましょう。

 

確かに、パソコンを開いたりしながら読むと、気づけば読書をやめてネットサーフィンしてます。

また、読んだ部分も頭に入っていませんw

 

ほかには、「音楽も聴かないほうがよい」と書いてありました。

 

本書に書かれているように、読書を邪魔するものは排除していったほうがよさそうです。

 

本を読むときは、全神経をかたむけて本を読みましょう。

わからない部分があっても、戻って読み返さない

コツは、戻って読み返さないことです。わからない部分があっても、読み返さない。読み返すよりも、全体を理解したほうがよいからです。

(中略)

徹底するには、「絶対、戻って読み返さない」と心に誓って最初から全部しっかりと読む必要があります。1回目に全部そのまま理解してしまおうという姿勢です。すると集中力も上がり、より精度の高い読書ができるようになります

引用:「アクションリーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」

これは痛いところを突かれました。

僕が本を読むのが遅い原因のほとんどは、読み返してしまうことです。

 

読んでいるとわからないところが結構出てきてしまいます。

そこで、「あっ!今のところわからなかった!もう一回!」みたいな感じでいつも読み返してしまいますw

 

一度で理解すると心に誓いましょう。

「なぜこの本を手に取ったのか」を意識する

問題意識を維持させるには、読む前に「この本で何を得たいのか」「なぜこの本を自分は手に取ったのか」を明確にしておく必要があります。それだけで集中力や吸収力が上がり、目に飛び込んでくる文字が変わってきます。

引用:「アクションリーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」

本を読む前に、「なんでこの本を買ったのか」、「この本を読んでどうなりたいのか」といったことを考えようということです。

 

目的意識が大事っていろんなところで言われてますよね。

なんとなく本を読む人は、僕含めて結構多いのではないでしょうか。

 

本を読み始める前に一度振り返って考えましょう。

読んだら、ブログに書く

本を読んだらできるだけブログに書くのが、何といっても効果的です。理解が非常に深まりますし、そのブログを読んだ人からのフィードバックもあり、一人で読んだだけでは到底得られない刺激になります。ネットワークも広がり、想定を超えた好循環が始まります。

ブログを書き続けようというモチベーションの結果、よい本をいつも探すようになり、読み方も丁寧になります。

引用:「アクションリーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”」

これはメチャクチャ共感できました。

僕も「ブログに書いた本のほうが書いてない本より内容が頭に定着したな」、と思います。

 

ブログで人に伝えるためには、ます、自分が理解していないと伝えることができません。

だから、本を読んでいるときにはしっかり理解しようと思って読んでいます。

 

誰かに指導したりしたことがある人はよくわかると思います。

指導するときって、当たり前ですが、ある程度は理解がないとできませんよね。

また、指導することによって、内容の再確認ができるのでさらに理解が深まったりすると思います。

 

そして、「よい本をいつも探すようになる」というところもその通りだと思います。

そもそも、面白い本はブログに書いてて楽しいですが、つまらない本は記事を書いてて苦痛でした。

書こうと思って削除した記事がいくつかありますw

 

「とりあえず記事書くために読むか」と思って読み始めたけど、挫折した本もいくつかありますw

だから、ブログで書くために面白い本を探そうと思いました。

 

これからも面白いと思った本を紹介していくので、よろしくお願いします。

最後に:読んだら行動しよう

ほかにも、読んだ後にA4メモを書いたり、チャレンジシートなるものを書いたりと、いろいろなことが書いてありました。

買ってよかったと心から思える本です。

 

A4メモについて詳しくはこちらの記事をどうぞ。一緒に天才を目指しませんか?

www.polsk-blog.com

 

それでは、読書を最大限活用して超絶的な人間になりましょう!!

本の読み方については、「レバレッジリーディング」という本にも書かれています。

www.polsk-blog.com

他にも赤羽さんの本について知りたい人はこちらからどうぞ!!

www.polsk-blog.com