MENU

新大学生必見!!大学で体育会系の部活動に入るメリット

【スポンサーリンク】

f:id:polsk123:20180302193047p:plain

こんにちは、ポルスクです。

今回は「大学で体育会系の部活動をするのってどうなの?」って思っている人に向けて、僕の経験をもとにメリットについて書いていきます。

※長くなってしまうので、デメリットについては別記事でまとめる予定です

 

大学にこれから入学する人で、体育会系の部活動に1ミリでも興味がある人は読んでみてください。

 

ちなみに、僕は大学入学当初は体育会系の部活どころか、サークルにも入る気はありませんでした。

そんな感じでしたが、なんか流れで入部して4年間も続けてしまいましたw

 

でも、入ってよかったって思ってます。

 

というわけで、僕の個人的な感想をもとにメリットを書いていきます。

実際に4年間部活を続けて、「これ良かったな」って思ったことについて書いていきます。

 

楽しい

「楽しい」ってひとくくりにしてますが、いろいろな「楽しい」があります。

  • 全力で体を動かすのが楽しい
  • 自分の能力が向上するのが楽しい
  • 仲間と一緒に取り組むのが楽しい

ざっと考えてみて、こんな感じです。

 

そして、「楽しい」に勝るメリットはないと思います。

体を動かすのが楽しい

まず、全力で体を動かすって単純に楽しいです。

ほかのことを全部忘れて目の前のことに集中できます。

 

目の前のことに全力で集中すると充実感みたいなものがあります。

ただひたすら楽しいです。

 

そして、目の前のことに集中すると嫌なこととかもその瞬間だけは忘れられます。

そのおかげで、僕は就活という苦痛の塊を乗り切れましたw

自分が成長するのが楽しい

次は、「自分の成長を実感する楽しさ」があります。

 

この前はうまくできなかった技が今日はうまくできたり、前回負けた相手に今回は勝ったりできるのが楽しいです。

 

このように、自分の成長が実感できるのが楽しいです。

日々成長する楽しさがあるから、キツイ練習でも続けられたのかなって思います。

 

また、「他人と比べて辛くなってる人は、過去の自分と比べてみよう」の記事で書いたように、過去の自分と比べるのが楽しむコツかなって思います。

 

だから、相手との勝ち負けにこだわるよりも、前回の自分ができなかったことを今回の自分ができたことを素直に喜びましょう。

 

もちろん、相手に勝てると超嬉しいですがw

仲間と一緒に取り組むのが楽しい

誰かと一緒に取り組むのが楽しいです。

 

まず、同じことやってると話が弾むから話してて楽しいです。

共通の話題っていうのは強いです。

僕みたいな引きこもりコミュ障でもそこそこ話せますw

 

そして、いろいろな人と話すと考え方が結構違ったりして意外な発見があります。

 

すごい技術を持った人がたまにいるんですが、そういった人から話を聞くのが特に面白いです。

すげー発想を持ってるから、聞いてるだけで楽しいし、もっと練習してうまくなろうっていうモチベーションが湧いてきます。

 

また、一緒に課題とかについて考えることができるのも楽しさのひとつかなって思います。

自分だけで解決できない問題も、周囲の人の意見を聞くことで解決できたりすることが結構あります。

 

やっぱり、課題を解決できた時はうれしいし、そういったことができるようになるのは周囲の人の協力のおかげだと思います。

 

逆に、自分が誰かの課題を解決する手助けをすることもあるかもしれません。

特に、いろいろ教えたりした後輩がうまくなったりするのは、見ててスゲーうれしいです。

これは入部してすぐはわからないと思いますが、2、3年続けたらわかるようになります。

 

また、チームで闘う競技の場合は、チームワークを活かして闘うっていう面白さもあるかと思います。

僕は1対1で闘うタイプの競技やってるのでよくわかんないですがw

体を鍛えることで精神も鍛えられる

部活動で体を鍛えることによって精神も鍛えられます。

 

僕の場合、部活を始める前と比べて、物事についての考え方がちょっとポジティブになったなって感じがします。

物事に取り組むときに「無理だ」って言ってあきらめることが以前と比べて少なくなりました。

そして、「まあなんとかなるやろ」って思えることが多くなりました。

 

また、辛いことがあった時にもちょっと踏ん張れるようになりました。

例えば就活とか。

 

完全に結果論だし、なんで体を鍛えると精神も鍛えられるのか明確な理由はわからないけど、確実に体の強さと精神はつながってると思います。

多分、体が強くなると、自分に自信が持てるようになるからポジティブになったりするんじゃないかなって思ってます。

 

就活のネタになる

入学してウキウキの人にいきなり就活のことを話すのはちょっと酷ですが、一応、メリットだと思ったので書きます。

部活を続けることで、就活で話すネタになります。

 

ここで注意したいのは、就活で有利になるってことではなくて、面接とかESにおけるネタのひとつになるよってことです。

 

僕の場合、IT業界を志望しましたが、特に体育会系だからって有利になった感じはしないです。

もちろん、体育会系が有利になるとよく言われる金融などの業界では有利になるのかもしれませんが、僕は受けてないのでそれについては何も言えません。

 

部活を続けてるといろいろな経験ができます。

少なくとも、「今まで継続してきた」っていう事実は残ります。

 

そして、いろいろな経験をすると、ESの「学生時代に頑張ったこと」で詰むことはなくなります。

また、頑張ったことの中から見えた、「自分の強み」を見つけることができたら「自己PR」もオッケーです。

 

それなりに部活を頑張れば、面接でいろいろ聞かれても大体のことには答えられます。

あとは場数を踏んで受け答え方に慣れてしまえば完璧です。

最後に:入ってみたら意外と楽しいよ

こんな感じで、メリットは

  • 楽しい
  • 精神が鍛えられる
  • 就活のネタになる

って感じです。

 

いろいろと敬遠されがちな体育会系の部活動ですが、実際にやってみると結構楽しいです。

入学してからの新歓期間中にいろいろと話を聞いたり体験入部したりしてみましょう。

 

もちろん、デメリットもあるのでよく考えてからにしてくださいね。

デメリットについては今後書く予定です。