MENU

4人vs200人、強靭な意思と究極の選択:『ローン・サバイバー』感想

【スポンサーリンク】

f:id:polsk123:20180728200842j:plain

こんにちは、ポルスクです。

今回は、『ローン・サバイバー』という映画の感想を書いていきます。

※ネタバレあり

 

何かと有名なSEALsという特殊部隊ですが、本作はそのSEALsの隊員たちが実際に戦った戦闘を元に作られています。

 

実際にあった戦闘ということなんですが、それを忠実に表現しているかの如く、4人の隊員たちは敵の攻撃に傷つき倒れていきます。

観ているだけで体が痛くなりそうなくらい痛めつけられます。

 

ありとあらゆる方向から銃弾が飛び交い、休む暇もない状態で戦闘が進むので、時間を忘れて観ていることができました。

 

また、序盤の隊員たちの決断を始めとした、様々な決断も記憶に残る映画です。

「ここでそんな決断ができるのか」、と驚かずにはいられない決断をするシーンがあります。

 

勇気と意志の強さが感じられ、非常に観ごたえのある映画でした。

あらすじ

まずは、あらすじをwikiから抜粋してみます。

2005年6月、アフガニスタン山岳地帯。 現地の武装集団を率いるターリバーンの幹部の排除・殺害を目的としたアメリカ軍のレッド・ウィング作戦のため、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズのマイケル・マーフィー大尉ら4名の兵士はヘリからロープで険しい山岳地帯に降り立つ。

彼ら偵察チームの目的は現地を偵察して無線連絡、味方の攻撃チームを誘導し、可能であれば目標を殺害すること。しかし徒歩で目標地点に到達した彼らは、思いがけず山中で山羊飼いの3名の現地人と接触してしまう。拘束した3名をどう処置するか、電波状態が悪く前線基地との連絡が取れない中、止むを得ず彼らは作戦を中止し、ターリバーンとの交戦を覚悟の上で3名の現地人を解放する。

それから1時間とたたないうちに彼らは山中で100名を超えるターリバーン兵に囲まれ、交戦状態に陥る。

引用:ローン・サバイバー - Wikipedia

あるひとつの決断がきっかけで、たった4人のSEALs隊員が100名を超えるタリバン兵に包囲され交戦を開始するという感じのあらすじですね。

 

また、本作はレッド・ウィング作戦という、実際にあった戦闘をもとに制作されています。

レッド・ウィング作戦 (アフガニスタン) - Wikipedia

 

他にも、隊員の1人が書いた手記もあります。

 

紹介動画はこちら。

www.youtube.com

1つの決断

作戦が始まって敵拠点の村の偵察を始めてしばらくすると、すぐ近くにヤギを連れた数人の村人が現れ、隠れているSEALs隊員の足を踏んでしまい、彼らはSEALsの存在に気が付きます。

 

そして、隊員は決断を迫られる。

 

村人を殺すか生かすか。

 

今ここで村人を逃がしてしまえば、村にいるタリバン兵に連絡が行き、任務は失敗。

しかし、かといって非武装の村人を殺すのは交戦規定違反になる上、人道的にも決して許される行為じゃない。

 

ということで、隊員たちはどうするかで激しい口論になります。

 

しかも、司令部に連絡しようにも山奥で回線がつながらないため、自分たちだけで解決しなければなりません。

 

このシーンは緊張しましたね。

話の流れ的に逃がすことになるんだろうなって思ってたんですが、それでもやはり緊張します。

 

しかも、途中で村人の1人が脱走しようとしたりして、さらに状況は緊迫してきます。

 

で、結局は村人たちを逃がすことになるんですが、よく考えてみると、凄い勇気だと思いました。

 

そもそも無線がつながらないから救援を要請できるかもわからない上に、”逃がす”という決断によって確実に敵は自分たちを包囲してきます。

しかも、何十倍もの戦力で。

 

もしかしたら、普通の人なら別の決断をしたかもしれません。

 

自分の身を守るために、彼らの命を奪うような決断をしてもおかしくはないと思います。

誰だって故郷から遠く離れた土地で、自分たちを心から憎んでいる敵に殺されたくはないでしょうし。

 

もし隊員たちが彼らを始末していたら、タリバンに襲撃される危険性はかなり低くなっていたことでしょう。

そのまま無線の電波が通じているであろう山頂まで行き、無事に帰還できたかもしれません。

 

ですが、本作の隊員たちは彼らを生かすという決断をしました。

自分たちの身を危険に投じる代わりに、村人の命を救う決断をしました。

 

しかも、この決断に反対していた隊員も決定後は素直に従います。

 

この選択は、日ごろから極限の状態で心身共に鍛えている彼らでなければできなかったのではないかと思います。

満身創痍の戦闘

そして、村人を開放した後は司令部と通信するために山の頂上を目指しますが、連絡を取ることは叶わず、結局近くの森で待機することに。

 

待機していると敵の追手が現れ、気づけば敵に包囲されている。

そして、隊員たちが付近のタリバン兵を撃つと同時に戦闘が開始。

 

この戦闘が、序盤からいきなりクライマックスみたいな感じで凄まじいです。

 

圧倒的な物量を誇る敵は、機関銃からロケットランチャーまで使ってあらゆる方向から4人を追い詰めてきます。

 

隊員たちが隠れている場所付近の地面や岩がはじけ飛びます。

終始銃声が鳴り響いていて休む暇がありません。

 

しかも、響き渡る銃声の中でうっすらと隊員たちのやり取りの無線が聞こえるようになってるので、余計にリアルに感じてしまいます。

 

この戦闘の凄まじさは文字だけじゃ伝えきれないんですが、とにかく凄まじいです。

あの有名な映画、『ブラックホーク・ダウン』より激しいんじゃないかって思いました。

www.polsk-blog.com

 

また、戦闘が開始して少し経つと、SEALs隊員は1人また1人と負傷していきます。

隊員たちが傷つく描写も非常に痛ましいです。

 

無線を使っていた隊員の指が吹き飛んでなくなったりします。

 

腕や脚だけでなく、胴体にも容赦なく弾丸が撃ち込まれて肉が抉れ血が飛び散り、隊員たちは倒れていきます。

しかし、それでも彼らは最後まで戦い続けます。

 

あと、攻撃を喰らったときの音もやたらと凝ってて生々しい。

血しぶきが上がって肉が裂ける様子が気持ち悪いほど表現されていました。

 

他にも、2回ある崖から飛び降りるシーンは壮絶でした。

 

かなり傾斜のキツイ斜面を文字通り転げ落ち、岩や木に体を強く叩きつけられます。

起き上がると、顔や腕はひどく血まみれで深い傷跡が刻まれています。

 

そして、2回目に飛び降りる際には、担いでいた重傷の味方1人を敵の銃撃によって肩から落とし、崖の上に取り残してしまいます。

 

しかし、崖から飛び降りた3人はまだ上に1人取り残されていることを知ると、助けるために何十人ものタリバン軍がひしめく崖上に戻ろうとします。

その3人も相当な重傷を負っていたにも関わらず。

 

『ブラックホーク・ダウン』でもこのような仲間とのつながりを感じるシーンはありましたが、やはり軍人にとって生死を共にする仲間は大切な存在なんですね。

本作でもそういったつながりを感じられるシーンは、ところどころにありました。

 

また、この2回目の崖から飛び降りたシーンでは、仲間の1人が救援を呼ぶために、たった1人で切り立った崖の端に上っていくシーンもありましたが、そこも彼らの強さを感じられました。

 

敵の銃弾が襲い掛かる中、残された弾薬を仲間に手渡し、衛星電話を手に崖へと向かっていき、増援を呼ぶため基地に連絡をします。

 

命を懸けて仲間のために救援を呼ぶ隊員とそれを全力で援護する隊員。

そこに、男たちの意思の強さを感じました。

救援失敗

しかし、救援を呼んだその時、基地には増援部隊を乗せる輸送ヘリしかおらず、輸送ヘリを援護する攻撃ヘリはいません。

攻撃ヘリの支援なしに救援に行ってはならないと警告されるも、輸送ヘリのパイロット達はそれを無視して数百の敵と数名の味方が戦う場所へとヘリを飛ばします。

 

近づくヘリのローター音に、戦場の隊員たちは歓喜の叫びを上げます。

 

そして、増援をヘリから降下させようとしたその瞬間、敵の放ったロケットランチャーがヘリに直撃。

ヘリは墜落します。

 

さすがに危険だと判断したもう1機の輸送ヘリのパイロットは、旋回して基地へと戻ります。

 

このシーンの絶望感は凄まじいです。

 

なんといっても、仲間の1人が命がけで呼んだ救援。

それが、たった一撃で打ち砕かれました。

 

そして残ったのは、ヘリの残骸と無数の敵、そして満身創痍の隊員2人です。

村人の助け

ヘリ部隊による救援が失敗した後、また1人味方が倒れます。

 

その後、唯一の生存者マーカスは再び崖から落下し意識を失いながらも何とか生き延び、池を見つけます。

 

そして一心不乱に池の水を飲んでいると、気づけば近くに村人が。

 

その村人は何やらよくわからない現地の言葉を話しながら、マーカスに手を差し伸べます。

 

しかし、マーカスはグレネードのピンに指をかけ、「近寄るな」と叫び拒絶します。

 

当然の対応だと思いました。

 

現地の人間と遭遇したことがきっかけで4人の隊員のうち3人が死亡し、その上、救援に駆け付けたヘリに乗っていた味方も撃墜されて犠牲になりました。

だから、現地の人を信頼できなくても当然だと感じました。

 

しかも、相手はまったく理解できない言葉を話しているから、何をしたいのか意図がわかりません。

もちろん、助けようとする素振りだけして、結局は捕らえてアメリカ人を処刑しようとするタリバンの一員かもしれません。

 

アメリカ人である彼にとっては、現地の人間が全て敵に見えてもおかしくありません。

 

そんな感じで必死に抵抗をするマーカスですが、最終的には村人の手をつかみ、救出されます。

結局、その人はタリバンではなく、アフガニスタンに住む普通の村人でした。

 

そして村に着くと、現地で強い力を持っているタリバンの敵であるアメリカ人を助けることに反対する村人が出てきます。

 

アメリカ人を匿ったことがタリバンにバレたら、間違いなく処刑されます。

 

そういったことを暗示させるかのように、序盤の方で、疑わしい村人をタリバンが捕らえて処刑しているシーンがありました。

 

しかし、結局は村でマーカスを匿うことになります。

 

この理由について、本作のエンディングで明らかにされるんですが、それはパシュトゥーン人という現地の民族に2000年前から伝わるある掟によるものだそうです。

 

いかなる代償が伴おうと敵から逃げる者を守り抜け

 

この掟に従い、彼らは命を懸けてマーカスを守りました。

 

途中でマーカスを捜索していたタリバン兵に村に押し入られ、マーカスは処刑されかけるんですが、マーカスを助けた村人を始めとする数名がタリバンに銃を向け、「彼は私の客だ。手を出すな」と言い放ちます。

 

そして、いったんはタリバンは引き返すんですが、後に数倍の戦力を率いて襲来します。

結局、直前にアメリカ軍基地に伝言を持った使いを向かわせていたおかげで、間一髪のところで救援が到着してアメリカ軍がタリバンを圧倒的な火力で蹴散らすんですが、もちろん村人に犠牲は出ています。

 

この救出のシーンでは、掟に従ってマーカスを救った村人、グーラーブの勇気が印象的でした。

 

確かに、”いかなる犠牲を払ってでも守り抜けという掟はありますが、その掟があるからと言って、それに忠実に従うのは容易ではありません。

 

事実、マーカスを村に連れてきたとき、一部の村人は猛反対しました。

 

反対する人の気持ちもわかります。

マーカスを助けたことがバレたら、助けた人は確実に処刑されるだろうし、もしかしたら村人全員が処刑される可能性だってあります。

 

でも、それを承知でグーラーブはマーカスを助けました。

 

このような決断をするのは、序盤のSEALsの隊員たちがヤギ使いの村人たちに対して出した決断と同じように勇気がいるはずです。

生半可な覚悟では決断できません。

 

掟に従うという一見シンプルなことでも、それを実行するのは確固たる意志がないといけないということをしみじみと感じました。

最後に:極限の戦闘と究極の決断

本作の戦闘シーンは確かに凄かったのですが、本作の面白いところはそれだけではありません。

 

序盤のヤギ使いの村人数名に対する決断や、終盤のマーカスを救ったグーラーブの決断といった数々の決断が強い印象を残しました。

 

命に関わる重大な決断を前にして、彼らは自分の命を危険にさらしてまで他人を救うことを選んでいます。

 

戦闘シーンだけじゃなく、そういった人々の究極の選択や意志の強さといった観点から見ても非常に面白い作品でした。

良かったら観てみてください。

こちらの映画もオススメです!!

www.polsk-blog.com

www.polsk-blog.com

www.polsk-blog.com