MENU

『転職の思考法』:自分の市場価値を高めるために意識しておきたい3つの軸

【スポンサーリンク】

こんにちは、ポルスクです。

 

社会人として生きていくうえで、多くの人が多少は気にするであろう転職。

その転職について、いろいろと書いてくれてる本を見つけたので、紹介します。

 

 

キャリアについて悩んでいる人は読んでみるといいかも。

働く上で意識したいのは、”市場を見て動く”こと

「いいか。君に必要なのは、まず、自分のマーケットバリューを理解することだ。マーケットバリューとは、市場価値のこと。市場価値とは、その名の通り、今の会社での価値ではなく、世の中からみて君の価値、君の値段だ。もしこの世の中に、会社がつぶれても生きていける大人と、生きていけない大人の2種類いるとしたら、両者を分けるのは何か。それが、『上司を見て生きるか、マーケットを見て生きるか』だ」

参考:『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

まず、本書では「上司ではなく市場を見て動け」というメッセージを一貫して伝えてきます。

 

また、「上司だけを見て生きてきた人間に自由はない」とも言っています。

f:id:polsk123:20180918214635p:plain
 

では、上司を見て生きることと市場を見て動くことの違いは何なのでしょうか?

「よし、質問を変えよう。君の給料はなぜ発生する?」

「なぜって、会社から言われたことを、ちゃんとやっているからでしょうか。」

「それが、上司を見て動く者の発想なんだよ。まったく違う。給料は、君が『自分』という商品を会社に売り、会社がそれを買うから発生している。あくまで売り込んでいるの君なんだ。君はたまたま今の会社を選んだだけで、会社は君をたまたま買っている。つまり、雇用とはひとつの取引なんだよ。マーケットバリューを理解するには、まず自分を商品として考えることだ

参考:『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 

危ない危ない・・・

僕は完全に上司を見て動く者の発想をしていました(;^ω^)

 

会社や上司の言うことを聞いているから給料が発生するって思ってました。

 

どうやら、マーケットを見て動く人の考え方は、『自分』という商品を会社に買ってもらっているから給料が発生するといったものだそうですね。

 

自分をひとつの商品として扱うなんて視点は、まったくありませんでした。

 

でも確かに、会社は僕の労働力を買っているわけだし、そう考えると自分自身が商品であるといわれても納得できます。

 

文字を書くためにペンを買うのと同じで、会社も必要な業務をこなすために人を雇っているんですよね。

当たり前ですけど。

 

そもそも会社が人を雇っている理由なんて考えたことはありませんが、本書に言われて大事な視点に気づくことができました。

 

社会でうまいこと生きていくためには、会社から「ぜひうちに来て欲しい」と思われるような魅力のある人間にならないといけませんね。

 

では、自分という商品の価値を上げるには、どういったことをする必要があるのでしょうか?

市場価値を決める3つの軸

本書によると、自分の市場価値を決めるものは以下の3つです。

  1. 技術資産
  2. 人的資産
  3. 業界の生産性

本書によると、これらの3つの軸からなる3次元の立方体の大きさが、自身の市場価値だそうです。

また、この3つのうち2つ以上に秀でているのが理想なんだって。

 

また、これらの能力を持った人について、端的に言うとこうなっています。

  1. どんな会社からも必要とされる、高い技術力を持った人間
  2. どんな人間とも仲良くなれ、かわいがられる能力を持った人間
  3. とくに才能がなくても、安定して高い給与をもらい続けられる人間

 

それでは、それぞれの軸について詳しく見ていきましょう。

技術資産

技術資産とは、その名の通り、価値のある技術をどれくらい持っているか?だ。そして、技術資産は『専門性』と『経験』でできている。

参考:『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

これは結構わかりやすいですね。

よく『スキル』とかの言葉で表現されているものです。

 

そして、その技術資産は専門性と経験に分かれます。

 

専門性とはいわゆる職種といった考え方に近いものです。

本書では、「法人営業」や、「会計」、「プログラミング」などが挙げられています。

 

僕はエンジニアなので、この中で言ったら「プログラミング」が専門性のひとつになりそう。

あと、もっと詳しく言ったら、「プログラミング」も「〇〇の言語」とかに細かく分けることができそう。

 

一方で、経験とは職種に紐づかない技術のことです。

大事なポイントは、ほかの会社でも展開可能なスキルかどうかということです。

例えば、「チームマネージャー」や「〇〇業界での経験」みたいなものですね。

 

そして、専門性と経験という2つの要素を身に着ける順としては、20代は専門性で30代は経験を身に着けるのが良いそうです。

つまり、専門性のある人間にこそ、『貴重な経験』が回ってくる、こういう構造なんだ。そもそも、『貴重な経験』は簡単に得られるわけではない。会社の重要なプロジェクトはだいたいいつも専門性の高いエース社員が任されるだろ?当たり前だ。言い換えれば、専門性のないやつに打席は回ってこない。だから、20代は専門性を身に着けて、それを生かして30代は経験を取りに行くのがベストだ。

参考:『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

つまり、市場価値を高めるような経験を積むためにも、20代というキャリアの最初の方で専門性を身に着けて、いつでも重要な仕事を任せてもらえるようにしないといけないということですね。

人的資産

2つ目は人的資産、つまり、人脈のことです。

どの業界にも、人脈だけで仕事を引っ張ってこれる人がいる。その人だからこそ働いてくれる社内の人や、指名で仕事をくれる人間。これが『人的資産』だ。たとえば、君がもし転職したとしても、変わらず仕事をくれる人間はいるか?

参考:『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 

ここで大事なのは、会社の肩書とかがなくなっても仕事をくれる人がいるかどうかです。

 

そして、人的資産が重要になってくるのは40代以降で、そのためにも20代や30代で技術資産を身に着けておく必要があります。

 

でも、これってなかなか難しいですよね。

「この人だからお願いしたい」っていう状態に持ってくための方法なんか、よくわからないし。

 

まあ、そのためには少なくとも仕事ができることが重要だから、専門性や経験を身に着けておくことが大切ということなんでしょうね。

業界の生産性

そして3つ目が業界の生産性です。

簡単に言うと、「儲かってる業界か?」ってことです。

 

そもそも、技術資産とか人脈とか言う前に、その業界が儲かっておらず衰退しているのなら、そこで働くのは間違っているそうです。

その通りだ。どうしようもない。言い換えれば、いくら技術資産や人的資産が高くても、そもそもの産業を間違ったら、マーケットバリューは絶対に高くならない。なにせ、最大20倍も違いがあるからな。個人の資質や努力で覆すのは非常に難しい。

参考:『転職の思考法』

 

本書によると、産業別GDPは最大でおよそ20倍もの差があります。

 

20倍ってなかなか凄いですよね。

 

片方が100円くらいのポテチ食ってる横で、もう片方は2000円の高めのランチ食ってるようなものです。

 

あまりにも差がデカすぎる。

 

確かに、業界によってこれほど差があるなら、選ぶ業界が重要になってきてもおかしくなさそう。

 

ということで、本書では、すでに生産性が高い産業これから生産性が伸びるであろう産業を選ぶことをすすめています。

 

本書には、生産性がこれから高くなるであろう産業の見つけかたがいろいろと書かれていたのですが、1番わかりやすかったのがこの1文です。

まずは、絶対にやってはいけないことを把握しろ。それが、10前とまったく同じサービスを、同じ顧客に売っている会社を選ぶことだ。これだけ変化の激しい世の中で、10年前と変わらないものを、同じ場所で売っているというのは、それだけ変化がないということ。マーケットが成熟している可能性が高い。

参考:『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 

とてもシンプルでわかりやすいですね。

 

何年も同じことを繰り返しているような会社では、マーケットが成熟していて生産性の上昇が見込めないので、その会社を選ぶべきではないということです。

 

また、上で挙げた技術資産の観点から見ても、同じことをひたすらやっているのは良いとは言えなさそうですね。

市場から求められるスキルを持った人間になるためには、常に新しいことを身に着けていかないとダメそうです。

 

こんな感じで、自信の市場価値を高めるためには、生産性の高い業界を選んでいくことが大切です。

 

本書には、この他にも伸びる産業の見つけ方について書かれていたので、興味のある人は読んでみてくださいね。

最後に:転職の思考法を身に着けて人生をうまいことやってのけよう

  1. 技術資産
  2. 人的資産
  3. 業界の生産性

以上が、自分の市場価値を高めるうえで意識しておきたい3つの軸です。

 

普段からこれらのことを意識してなかったという人は、これから仕事をする上でこの3つの軸を意識してみてはどうでしょうか?

 

仕事に取り組む視点が変わるかもしれません。

 

今まで何となくやっていた仕事が、何らかの目的をもって取り組めるようになるといいですね。

 

そして、技術資産、人的資産、業界の生産性という3つの軸を意識することで、自分の人生をいい感じにしていきましょう!!

 

 

キャリアについては、こちらの本もおすすめです!!

www.polsk-blog.com