MENU

ストレングスファインダーやったらなんとも言えないことになったwww

【スポンサーリンク】

こんにちは、ポルスクです。

 

よく話題になることの多い、「ストレングスファインダー」っていう診断を受けてみたので、その結果について書いていきます。

 

診断が結構長くて、確か30分くらいかかりました。

しかも、1問20秒以内に回答しないといけないという条件付き。

 

ということで、診断を受ける前にはトイレを済ませておきましょう。

 

質問内容については、結構迷う質問とか意味が分からない質問があったので、どちらでもないを選んじゃうことが多かったですw

 

こういう性格診断ってよく難しいこと聞いてくるよね。

「分析的な思考」とか言われてもよくわからんしwww

 

まあ、そんなことはさておき、さっそく書いていきます。

受けてみた結果 

結果はこんな感じになりました。

  1. 調和性(人間関係構築力) 
  2. 公平性(実行力)
  3. 適応性(人間関係構築力) 
  4. 最上志向(実行力)
  5. コミュニケーション(影響力)

 

当たってる、これ?

 

よく「うわっ、すげえ当たってる!!」みたいな記事を見ますが、僕に限ってはあまりにもしっくりこない(´・ω・`)

 

単語だけ見たら、なんかビミョーな感じがします。

特に、「調和性」と「公平性」。

 

まあ、そんなこと言ってても始まらないので、さっそく詳しく中身を見ていきましょう。

調和性

調和性という資質を持つ人は、意見の一致を求めます。意見の衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探ります。

いや、いきなりちげーし!!

 

普通にしょっちゅう口論になってんだけど!?

 

なんなら、自分から意見を衝突させに行ってる感すらあるよ!?

 

 

しょっぱなから外れてる感がありますw

 

ちなみに動画も見てみたんですが、やっぱりなんかビミョーでした(´-ω-`)

www.youtube.com

いまいち腑に落ちない・・・

 

他にも、調和性の資質を持つ人は意見の衝突を嫌い、合意点を探すみたいなことが書いてありましたが、僕は基本的に衝突の当事者ですwww

 

どうしてこれが1番に来たのか、まったくわかりません。

 

僕の基本的なスタンスは、「俺の話を聞け!!」ですw

公平性

公平性という資質を持つ人は、あらゆる人を平等に扱う必要性を確信しています。明確なルールを定め、それに従うことで、世界のすべての人を公平に扱おうとします。

世界のすべての人を公平に扱おうとします

 

お、おう・・・

 

規模がどえらいことになってますw

 

これも自分に当てはまっているかと言われると、なんともいえません。

 

たまにルールを破ったりもしますし。

 

でも、「強みの理解レポート」に書いてあった、「独自の強みの洞察」に気になる点があったのは確かです。

おそらくあなたは、 既にうまくいくことが分かっている反復手順を用いて計画することがあります。 物事をやりとげるために実証済みの手順に従うことができると、やっかいごとが減り、時間の節約になり、効率が少し向上するかもしれません。 おそらく、あなたの詳細で整然としたアプローチによって、同じ結果または予測可能な結果が生み出されるのでしょう。 強みによって、あなたは、 反復的なプロセスを確立することで自分や他の人の効率を高めます。 繰り返し作業を同じ方法で毎日行うと、かかる時間や考慮事項は削減されるかもしれません。

振り返ってみると、確かに一回うまくいった方法を繰り返す傾向があるなあと思いました。

 

他にも、こんなことも書いてありました。

この人は予測可能はパターンが続いているときに最も落ち着いて仕事をすることができます。そうした時に本来の力を発揮できることを自分でもわかっています。ですから、何か大きな変化が起きた時には彼をサポートしてあげてください。

まあ、ここに書いてある「予測可能はパターンが続いているときに最も落ち着いて仕事をすることができます」っていうのは、自分でも正しいと思ってるんですがね・・・

適応性

適応性という資質を持つ人は、「流れに沿って進む」ことを好みます。「今」を大切にし、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することにより、将来を見極めます。

これを見て僕は思いました。

 

あれ?これってなんか上にある「公平性」と矛盾してね?

 

公共性は規則を決めて同じようにするっていうのに対して、今度の適応性っていうのは、どうやら常に変化していく的なことが書いてあります。

 

本に書いてあった行動アイデアってところからいくつか抜粋してみます。

  • 予定どおりに行動することが求められる任務につくのは避けてください。こうした任務は、すぐにあなたをイライラさせます。独立心が抑えつけられ、やる気を失うでしょう。
  • 厳密な手順に従う必要がある業務は避けてください。変化に富むことを求めるあなたを窒息させてしまいます。もし達成しなければならない業務リストを渡されたら、そのリストを使ってゲームをしましょう。そうして、柔軟性を求める自分を満たすのです。同じやり方で創造的になれるか、業務をもっと楽しくできないか考えてみましょう。

ちょっ・・・

 

どないせえっちゅうねん!!

 

なんか矛盾したwww

 

公平性の資質では規則を守ることを求めるのに対して、適応性では厳密な手順に従う必要がある業務では窒息するとまで書かれてます。

 

キチガイかな?

 

つまるところ、窒息することを求めとるやんけwww

 

まあ、好意的に解釈するなら、規則を定めるとより効果的に働けるようになるし、変化が起こっても柔軟に対応できるよってことかな?

 

最強かよwww

 

 

こんな感じで、ちょっと意味不明なことになってしまいました。

 

診断がオカシイのか、僕がオカシイのかはっきりとは分かりませんが、多分僕がオカシイですw

最上志向

最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

これはメッチャ当たってる!!

 

上の3つはなんか意味不明なことになっててビミョーだったけど、これはマジで当たってます。

 

もうちょっと詳しく紹介してみます。

ちょっと長いけど・・・

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

要点をまとめると、こんな感じ

  1. 平均以下のものを向上させることに興味がない
  2. 平均以上のものを最高のものにすることにテンションが上がる
  3. 自分の強みを評価してくれる人と一緒にいることを選ぶ
  4. 自分の弱みを克服させようとする人はマジ無理

 

例えば、高校の勉強の例でいうと、僕は国語や英語がマジで苦手(偏差値50以下)だったのに対して、数学は結構成績が良かった(偏差値65くらい)です。

 

そして、基本的に国語とか英語の勉強はマジでやる気がありませんでした(英語や国語は毎日授業があって地獄だった)

勉強してもそこそこの評価にしかならないし、別にもういいやってなって投げ出しましたw

 

逆に、数学の授業はかなり集中してましたし、やってて楽しかったです。

授業中は、”ほとんど”寝たことがないです(先生が恐かったせいもあるけどw)

 

そして、得意科目は超楽しくやるけど、苦手科目はスイッチオフ的な態度は大学でも同じでした。

 

やるからには、自分の得意なことに取り組みたいし、結局はそれが長続きするような気がします。

自分の弱点を克服し続けるみたいな、ストイックな考えは持ち合わせてないですね。

 

あと、人間関係についても指摘された通りです。

 

得意なことを「こうしたらもっとよくなるよ」みたいに言ってくれる人は好きですけど、苦手なことを「ここをもっと改善しようよ」みたいに言ってくる人は結構苦手です。

 

改善しないといけないようなことでも、指摘されると「ちょっとメンドクサイ」って思っちゃいます(´・ω・`)

 

直さないといけないとは思っても、なかなかやる気が出ない(;^ω^)

 

コミュニケーション

コミュニケーションという資質を持つ人は、一般的に自分の考えを言葉に表すのが得意です。話術に優れ、物事を印象的に説明するのが上手です。

これも自分に当てはまってるかもって思いました。

 

ということで、引用してみます。

おそらくあなたは、 特定の物事を改善する方法について意見交換が行われるような会議、セミナー、クラスに興味を感じるようです。 自分が実現した改善について他の人に話すのが好きなはずです。 効率向上の方法に
ついて強調するのでしょう。 多くの場合、あなたは、 未来を志向する人たちとの議論を重視します。 間違いなく、あなたと一緒にいることを心から楽しみ、あなたの考えに注意深く耳を傾けてくれるこれらの人たちに惹かれるでしょう。 生まれながらにして、あなたは、 他の人たちと問題やアイデアについて話し合うことに惹かれるかもしれません。 あなたはおそらく、一人の人が会話を牛耳る状況を避け、そういう事態になったときは席を外すでしょう。 強みによって、あなたは、 あなたの考えを話すことに喜びを感じます。 自分のアイデアや感情を人に認めてもらいたいと思っています。 人の注目を集め維持することは、あなたにとって喜びです。 あなたは本能的に、自分のくせ、性格、経験、背景の話を他の人にすることを苦にしません。 おそらくは、あなたの包み隠さない性格のおかげで、他の人はそれぞれの考えや感情をあなたと共有します。

確かに、自分の考えを誰かに話すのは結構好きだし、話過ぎることもよくあります。

 

自分の考えを相手に説明するのってなんか面白いんですよね。

 

ついうっかり話過ぎないようにしたいです(;^ω^)

 

でも、問題が1つあって、大勢の前に立って注目を集めるのがガチで苦手です。

 

そのせいもあって、社会人になって受講したプレゼンの研修は超絶苦痛でした。

 

なんであんなに注目されんといかんのや・・・

 

基本的に話すのは好きですが、人前に立って話すのは嫌っていう、なんともよくわからない性格ですw

 

1対1の対話とか多対多の話し合いみたいなのならいいんですけどね。

 

他にも、自分から話しかけるのは抵抗があるっていう、ちょっとメンドクサイ性格でもありますw

 

あと、「自分のくせ、性格、経験、背景の話を他の人にすることを苦にしません」ってのも当たってるような気がします。

結構いろいろぶちまけること多いしw

最後に:なんだかんだ言って自分を振り返るきっかけになったよ

  1. 調和性(人間関係構築力) 
  2. 公平性(実行力)
  3. 適応性(人間関係構築力) 
  4. 最上志向(実行力)
  5. コミュニケーション(影響力)

以上が僕の資質トップ5です。

 

よくブロガーの人とかが「超当たっててビビる」みたいに言ってますが、僕の場合はそこまでじゃなかったかな。

 

でも、「え?これ合ってる?」って思う部分もそこそこありましたが、なんだかんだ言って自分を振り返るいい機会になりました。

 

診断結果を見て、本やサイトに書いてあった資質についての紹介文を読んでみると、結構面白かったです。

 

もし、自分についてもっとよく知ってみたいって思うんだったら、やってみてください。