MENU

僕が一週間勤務して感じた、学生と社会人との違いや辛かったことのまとめ

【スポンサーリンク】

こんにちは、ポルスクです。

気づけば社会人になってもう一週間経過しました。

ということで、社会人として一週間活動してきた中で学生の時と違うと感じたこと、つらかったことについて書いていきます。

 

早起き

まず、毎日早起きしないといけないっていうのがちょっと辛かったです。

これは企業の説明会でも社員の人の何人かがそういっていましたが、思った以上にきつかったです。

 

社会人になると、起きる時間がかなり早くなります。

大学生の場合、授業が必ずしも一限からあるとは限らないので、常に早起きする必要はありません。

しかし、社会人になったら常に9時の始業時間に間に合わないといけません。

勤務して最初の2,3日は緊張感も手伝って早く起きることはできましたが、それ以降はちょっと辛かったです。

4日目以降はアラームに叩き起こされましたw

ちょっとマジで勘弁して(´・ω・`)

 

こんな感じで朝起きるのが辛いです。

しかも、慣れない早起きをしたせいで昼頃にはもう眠くなってきましたw

学校の授業と違って会社で寝たら怒られそうなので気合で耐えましたが、内容はほとんど頭に入ってなかったですw

 

というわけで、働きだすちょっと前から早起きに慣れるようにしておくといいですね。

僕の場合は2,3日前からやりましたが、それじゃちょっと遅すぎましたw

一か月くらい前から慣らしたほうがいいかと思います。

あと、ベッドもちゃんと整えるようにしとくといいよ。

www.polsk-blog.com

睡眠時間が減る

上の早起きと関連して、睡眠時間が減るのもなかなか辛いです。

 

僕は大学4年の就活が終わってからは平均して10時間くらい寝ていましたが、社会人になってからは7時間に減りました。

学生時代は朝10時とかに起きていたのが、社会人になったら6時起床になりました。

寝る時間を早めようと思ったんですが、1時間以上早めるのはちょっとキツイので睡眠時間が必然的に減ってしまいました。

 

オフトゥンに帰りたい(´-ω-`)zzz

f:id:polsk123:20180404212454p:plain

スーツを着る

社会人って言ったらスーツですよね。

大学に行くのはTシャツとジャージでもよかったんですが、会社にはスーツを着ていかないといけません。

ですが、こいつがなかなかの曲者です。

 

スーツというやつを着るとやたらと苦しいです。

まず、首が苦しいです。

ワイシャツの一番上のボタンを閉めないといけない上に、ネクタイまでしないといけません。

いつもTシャツで過ごしていた僕にとっては、常に首を絞められているようなものです。

それに、僕はちょっと首が太めです。

なんか息が苦しいです。

タップしてギブアップしちゃだめですかね?w

え・・・ダメ・・・そんな(´xωx`)グェェ

 

次に、腕が苦しいです。

ワイシャツのカフスボタンが手首のあたりを締め付けてきます。

そのせいで、一日中手首に違和感を感じながら生活しないといけません。

まあ、これは時期にもよりますが、暑くなってきたら腕まくりしてしまえば大丈夫ですね。

これを書いている現在は四月ですが、僕はもう腕まくりしてますw

スーツ着てるとキツイし暑いです(;^ω^)

 

あと、僕は肩幅がそこそこあるし腕もちょっと太いので、手首以外にも上腕のあたりもちょっときつく感じます。

 

最後に、なんか体全体が苦しいです。

スーツって大きすぎてもいけないし、小さすぎてもいけないって言われてますよね。

だから、体にぴったりなサイズのやつを着ているんですが、そのせいで体全体がキツイです。

やっぱりTシャツに体が慣れ過ぎたのがいけないのかな・・・

まあ、会社に着いてジャケットを速攻で脱いだら多少は解決するんですがねwww

革靴を履く

スーツと同じようにこれも当然社会人なら身に着けないといけませんよね。

ですが、こいつがなかなかヤバいです。

 

革靴は通気性が非常に悪いので、足が蒸れます。

そのせいで、ちょっと足が危険な感じになります。

僕の場合、家に帰って「なんか臭いな」と思ったら、足が原因でしたw

この足の臭さはもはや毒ガステロレベルですwww

 

あと、僕みたいに学生時代はサンダルで生活してた人とかは、革靴の窮屈さに悩まされるので気をつけましょう。

革靴は想像以上に窮屈です。

満員電車とかいう狂気の乗り物

よほどの田舎でない限りこれがあると思います。

満 員 電 車

 

コイツは朝からなかなかのダメージを与えてきます。

しかも、会社に近づくごとにダメージ量が増します。

どんどん人が乗ってきてギュウギュウです。

下りるときには押し出されるように出ていきました。

あらゆる方向からの圧力に耐えないといけません。

 

オイお前!!肘が当たってんだよ!!

そこのクソオヤジ!!俺に新聞を押し付けながら読むんじゃねえ!!

 

失礼しましたw

 

そして、なんか暑いです。

人がありえない密度で集合しているため、電車内の温度がクソ暑いです。

もう夏が来たかと思いましたwww

クーラーつけてプリーズ

 

僕は東京に住んでいるわけではないので、東京の人はもっとすごいことになってるんだろうな、としみじみと思いましたw

東京の人は頑張ってください。

一日中気が抜けない

社会人になって感じた学生時代と違うことは、「常に気を遣わないといけない」ということです。

想像以上に気を使いますし、緊張しました。

 

学生の時は、周りにいるのは同じような年齢層の人たちばかりでしたが、社会人になったら何十歳も年の離れた人が周りにたくさんいます。

そして、そういった人達に囲まれているので、非常に気を使います。

 

例えば、言葉遣いはかなり意識しました。

学生の時だったら「マジで!?」とか「ヤバい」とか言っても大丈夫でしたが、さすがに社会人になってそれらを言ったら少しマズいですよね。

実際に言ってしまったことがないのでどうなるのかはわかりませんが、多分、なんか変な感じに思われます。

他には、途中で寝れないってことですねw

学生の時は食後の授業や一限はいつも寝てましたwww

 

言葉遣いなどの学生時代は意識していなかったことを常に意識しないといけないので、精神的な疲労は想像を絶するものです。

常に誰かに見られてるなんて、気がおかしくなってしまいそう。

あと、好きな時に寝れないのはかなりのストレスですw

学生の時と比べてかなり疲れる

社会人になったら一日の疲労がとてつもないです。

まあ、これは学生時代に引きこもってゲームやったり映画観たりしてただけの僕が悪いような気もしますがw

 

上に書いたような、「早起き」、「スーツや革靴を身に着けること」、「満員電車」、「常に気を遣う」といったことが原因でかなり疲れます。

やっぱり、普段と違うことをしないといけないのはかなりの負担になります。

 

そのせいで、一日が過ぎるのがメチャクチャ遅く感じます。

社会人生活は精神と時の部屋みたいなものですw

www.polsk-blog.com

平日の時間が想像以上にない

社会人になって驚いたことは、平日の時間が想像以上に無いです。

僕はまだ研修中なので定時に帰れていますが、それでも時間がありません。

 

家に帰って料理でも作ろうかなって思ってたら、作り終えたのは20時過ぎとかです。

料理は日曜に作り置きしておこうと思いましたw

また、ご飯を食べてシャワーを浴びてたらもう9時を超えています。

その後にブログ書いたり、ゲームしたり、本読んだりしたいんですが、全部をこなす時間も体力ももうありません。

映画を観る時間なんて、とてもじゃないけどありません。

それに、研修の復習とか課題をやったりしないといけないです。

こんなん残業とかしたら死ぬレベルだろwww

働くな―働けば死ぬ

引用:モンテネグロの十戒

 

学生の時は一日に映画を観て、ゲームを6時間くらいやっても、まだ本を読んだりブログを書いたりする時間があったりしたのに、社会人になったら一気に無くなりました。

あの時間は幻だったのかと思うほどです(´・ω・`)

 

そんな感じで、学生のときと違って平日の自由な時間はほぼありません。

睡眠時間を削ればもうちょっと捻出できますが、明日に影響するしそれはやりたくないです。

最後に:オーノー死んだよ

  • 早起き
  • 睡眠時間の減少
  • スーツを着る
  • 革靴を履く
  • 常に気を遣う
  • 疲れる
  • 時間がない

こんな感じで、社会人になって想像を絶する辛さを体験しました。

「オーノー死んだよ」って感じですw

f:id:polsk123:20180211195909p:plain

まだ大学生の人は、スーツ着なくてよくて時間もいっぱいある学生生活を精一杯楽しんでください。

もう大学を卒業して働きだした人は、僕と一緒に頑張りましょう。死なない程度にw