MENU

”今”に集中し、脳に休息を与えよう:「世界のエリートがやっている最高の休息法」

【スポンサーリンク】

こんにちは、ポルスクです。

今回は「世界のエリートがやっている最高の休息法」(久賀谷亮著)という本を紹介していきます。

 

最近、「なんか疲れた」とか「集中が続かねー」って思ったりしませんか?

僕は働き始めてからそういったことをよく感じるようになりました。

 

そして、「なんかいい休む方法はないかなー」って思ったので本書を手に取りました。

 

”最高の休息法”とは何でしょうか、一緒に見ていきましょう。

概要・著者紹介

まず、本書の著者の久賀谷さんについて紹介します。

医師(日・米医師免許)/医学博士
イェール大学医学部精神神経科卒業。
アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。
日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、
イェール大学で先端脳科学研究に携わり、
臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。
そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。

2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。
同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、
最先端の治療を取り入れた診療を展開中。
臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。

脳科学や薬物療法の研究分野では、
2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、
「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。
主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。趣味はトライアスロン。

参考:Amazon紹介ページ

簡単に言うと、脳科学や精神医学の超すごい専門家って感じですね。

 

また、本書の内容をざっくり言うと、「脳科学の理論に基づいた、脳を本当に休ませる方法」が書かれています。

しっかりと実際の理論を紹介しながら話が進むので、疑い深い人でも納得できるかと思います。

また、物語形式なので読みやすいですよ。

こんな人にオススメ

ということで、こんな人にオススメです。

 

  • なんか疲れた
  • しっかり休んだのに体がダルい

 

本書を読んで少しでも疲れを取りましょう。

 

もちろん体をゆっくり休めるのも大事ですが、本書には疲れの原因は体だけでなく脳にある、と書かれています。

本書を読んで脳を休ませることで、疲れが取れるかもしれません。

疲労の原因は”今”に集中していないこと

突然ですが、こんなことを思うことってありませんか?

 

  • やべっ、明日テストだけど勉強してねーwww
  • 今日は大失敗してガチギレされたお( ^ω^)
  • 明日から配属なんだけど、大丈夫かなあ(´-ω-`)
  • 満員電車に明日も乗るとか、考えただけで気が狂っちゃうぜ( 。ω゜#)
  • 今日家に帰ったら映画を観るか、ゲームをするか、どっちにしよう?

 

ちなみに、これはすべて僕の体験談ですwww

 

こんな感じで、過去や未来のことを考えてしまうことが脳が疲労してしまう原因であると書いてあります。

また本書には、この状態の脳を車に例えて、”脳のアイドリング状態”とも書かれていました。

 

脳にはデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という部位があり、上のように過去や未来を心がさまよっているときにそこが活性化します。

また、そこで消費されるエネルギーが脳で消費されるエネルギーの60~80%も占めているとのことです。

 

脳自体が消費するエネルギーは、体全体で消費されるエネルギーのうち約20%を占めるということを考えると、なかなかすさまじい消費量ですねΣ(・□・;)

 

加えて、人間の脳は1日の半分以上を心がさまようことに費やしているんだって。

マジ集中しなさすぎワロタwww

 

「人は疲れて生まれる」っていうモンテネグロの十戒はあながち間違いではなさそうですねw

www.polsk-blog.com

”今”に集中する方法:「マインドフルネス」

そこで、本書ではこのDMNとかいう強敵と闘うために、”マインドフルネス”というものを紹介しています。

最近、このマインドフルネスは流行ってるっぽいので、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

 

そして、過去や未来にさまよってしまう脳を、今にとどめておくための技術がマインドフルネスです。

 

具体的なやり方は”呼吸に集中すること”。

 

「なんだ簡単じゃないか」って思うじゃん?

 

でも、これが結構難しいです。

気づけばほかのことを考えてしまい、また脳は過去や未来をさまよい始めます。

 

やってみればわかるよ、”今”に集中することの難しさが。

悲しいことに、僕たちの脳には”さまよい癖”がついちゃってるんだ(´・ω・`)

 

ですが、そんなときはそういった雑念に気づき、再び呼吸に意識を向けましょう。

雑念が浮かんできても、だたそれに気づいて呼吸に意識を戻すことが大切なんだそうです。

 

呼吸は意識の錨じゃ

参考:世界のエリートがやっている最高の休息法

 

これは本書にたびたび出てくる言葉なんですが、これが一番大事だと思いました。

どんなに雑念が浮かんできても、呼吸に意識を向ければ再び今に集中できます。

最後に:毎日続けることが大事

ということで、最高の休息法”マインドフルネス”を実践してみてはいかがでしょうか?

 

そして、これは一発で効果が出るものではなく、毎日続けることで効果が出てくるものだそうです。

休息は一日にしてならずって感じですね。

 

また、習慣化のコツは、1分でも5分でもいいから毎日続けること。

同じ時間、同じ場所でやること。

だそうです。

 

僕は寝る前の時間にやるようにしています。

 

実際にやってみると、確かに脳がちょっとすっきりしたような感じがします。

今に集中し、過去や未来にとらわれない、いつもと違った感じがしました。

 

他にも、「怒りを感じた時」や「他人にマイナスの感情を持ってしまった時」といった、計7つの方法が書かれています。

特に「怒りを感じた時の対処法」は、怒りっぽい僕に必要なものだなって思いましたw

 

ということで、興味がある人は読んでみてはいかがでしょうか。

体や頭がちょっと楽になるかもしれません。