MENU

大学の第二外国語でフランス語を選択する前に知っておきたいこと

【スポンサーリンク】

こんにちは、ポルスクです。

今回は、大学で第二外国語としてフランス語を選択しようとしている人に向けて、フランス語のヤバい点について書いていきます。

「英語みたいなもんやろ、よゆーよゆーwww」とか言ってると地獄を見ますw

 

僕は第二外国語でフランス語を選択していたので、その時の経験と記憶をもとに書いていきます。

これから大学で第二外国語を選ぶ人で、フランス語に興味がある人は読んでみてください。

 

アルファベットの発音が違う

アルファベットの発音がなんか楽しいです。

いろいろと個性的です。

 

こんな感じになってます。

A(ア)←わかる

B(ベ)←なるほど

C(セ)←ほう

D(デ)←へえ

E(ウ)←!?!??!?!?!?!?!?

なんかいきなり仕掛けてきましたw

イーでおなじみのEがウになってます。

 

ちなみに、Uの発音はカタカナにするとユなのですが、実際に聞いてみるとほとんど同じでまったく聞き分けれませんw

初回の授業では、先生が何回もEとUを発音して教えてくれました。

結局最後までわかりませんでしたがw

 

それに加えて、発音記号みたいなのがつくので、Eだけでも何種類かあります。

もちろん、ほかのアルファベットにも発音記号がついたりします。

 

E以外にも、Rの発音がかなりヤバめです。

一度聴いたら夢に出てくるレベルですw

 

カタカナ表記だとエールってなってるんですが、実際に聞くとなんか違います。

エーハッみたいになってますw

 

授業では、喉の奥でハッってやるって教わりましたが難しいです。

失敗してむせましたw

 

他にもいろいろあるので、フランス語を選択する場合には覚悟してください。

 

ちなみに、フランス語でalphabetは「アルファベ」って言うんだって。

「ト」はどこいったんだよ!?

大量の発音規則

フランス語には発音規則があります。

それのおかげで、英語みたいに意味不明な読み方をするものが少ないです。

 

というのは嘘ですw

最初は全く読めません。

 

それは、発音規則が多すぎるからです。

多すぎるので逆に混乱します。

 

だって、初見で「croissant」をクロワッサンて読める人おらんでしょw

oiがワになる上、tに至っては読まないとかズルいわ・・・

 

あと、なんでeauの読み方が「オ」なんだよ・・・( ^ω^)おっ

しかも、意味は水って・・・( ^ω^)水っ

 

一度覚えてしまえばなんとなくわかるようになるのですが、最初は多すぎてなかなか覚えられません。

 

また、上でalphabetの読みが「アルファベ」になるって書いたんですが、そんな感じで単語の最後につく子音は読まないことが多いです。

 

といっても、続く単語が母音で始まる場合はやっぱり発音したりと、なんか意味不明ですw

発音するのかしないのかはっきりしろよ!!

 

こんな感じで、読むのが難しいです。

クセのある文法

発音以外にも、文法のクセが結構強めです。

英語とは違っていろいろと複雑になってます。

  • 数字の70以降
  • 格変化
  • 名詞の性
  • エリジオン

数字の70以降

とりあえずこの画像をご覧ください。

f:id:polsk123:20180308102314p:plain

わかりましたか?

「フランス語よりもっとヤバいヤツおるやろ!?」とかいうのはやめてくださいw

さすがに分数は反則www

 

こんな感じで、フランス語は数字がすごいことになってます。

最初は理解できません。

 

特に、70以降の数字は60以前の数字の組み合わせを使って表現するので難しいです(さすがに分数は使いませんがw)

 

例えば、上の画像の97だと「quatre-vingt-dix-sept」になります。

4,20,10,7を順に並べてますw

「なんちゅうことしてくれてんねん!?」ってなりましたwww

 

参考:数の数え方を覚えよう! | フランス 小さな村を旅してみよう!

 

こんな感じで、数字をヒーヒー言いながら覚えることになります。

 

しかも、発音と綴りの差もなかなかえぐいし(´・ω・`)

どうやったら「quatre-vingt-dix-sept」を「キャトルヴァンディセット」って読めるんですかね・・・

 

ちなみに、ドイツ語だと数字は結構楽っぽいです。

上の図みたいに97だと、「sibenundneunzig」って感じで、7(siben)と90(neunzig)を組み合わせるだけです。

undは英語でいうandです。

 

参考:ドイツ語123数字の読み方とスペル / ドイツ語学習の教材に抜群 ドイツ語版DVDショップ・グリックリヒ

 

しかも、発音も綴りを見て何となくわかる感じになってますね。

「sibenundneunzig」は「ジーベンウントノインツィヒ」って感じで読みます。

euとigの発音以外は、大体綴り通りですよね。

格変化

格変化が大量にあります。

英語だと、主語がheとかsheの場合は動詞の最後にsを付けるみたいなルールがありますが、そんな感じルールがほかの主語でも発生します。

 

でも、これはヨーロッパの言語を学ぶ上では避けられないよ、ドイツ語とかにもあるし。

 

例えば、一人称(私)、二人称(あなた)、三人称(彼、彼女)の単数と複数について、それぞれで動詞の形が変わってくるので覚えるのが大変です。

しかも、やっぱりお約束の不規則変化あるし(´・ω・`)

気づいてるかもしれないけど、時制変化ももちろんあるよ(´;ω;`)

 

ちなみに、二人称単数は「あなた」と「君」で使う単語が違うから気を付けて。

テストで大惨事が起きてたよwww

名詞の性

名詞に性別があります。

これは聞いたことがあるかもしれませんが、名詞に男性名詞と女性名詞の区別があります。

 

これがなかなかやっかいです。

だって物にも性別があるんだもん(´・ω・`)

まあ、男女に加えて中性名詞があるドイツ語よりはマシか・・・

 

しかも、名詞の性の違いによって、定冠詞(英語でいうとthe)とかの形が変わったりします。

形容詞もちょっと変わるから気を付けて。

エリジオン

フランス語には「エリジオン」があります。

 

「エリジオンってなんやねん、フランスのロボアニメか?」って人もいると思いますが、違います。

フランス語の表記の規則みたいなものです。

他にもいろいろ規則があるんですが、こいつが一番ヤバいヤツです。

 

ある単語の後の単語が母音で始まる場合はエリジオンっていう短縮表記をしないといけないです。

 

詳しくはこれを読んどいてください

参考:エリジオン

 

そして、このエリジオンをうっかり忘れがちです。

 

そのせいで、中間テストでは「エリジオンの惨劇」が起きてましたw

期末テストではテスト中に先生が「エリジオンに気を付けてくださいね」とか言う始末www

最後に:興味のある言語を選ぼう

こんな感じで、フランス語を甘く見てると痛い目にあいます。

f:id:polsk123:20180309192239p:plain

 

かといって、ドイツ語はドイツ語でいろいろとカオスなことになってます。

f:id:polsk123:20180309195103p:plain

ほかの言語もいろいろとありそうですよね(´・ω・`)

ロシア語に至っては文字が・・・

f:id:polsk123:20180309195014p:plain

こんな感じで、第二外国語はどれを選んでも地獄ですw

 

ということで、自分の興味を持てるものを選んだり、少しでも興味を持てるように工夫しましょう。

そうでもしないとただひたすら辛いです。

 

僕の場合、フランス語版のゲームの動画見てました。

www.youtube.com

「セリフをフランス語にするとこうなるんだー」って感じで発見があって楽しかったです。

 

こんな感じで、ちょっとでも興味を持てるようにしとくと楽しくなるかと思います。

 

新大学生にはこちらの記事もオススメです!!

www.polsk-blog.com

www.polsk-blog.com